こうして僕らは腐る

ロンドン留学生活、社会批評、英語勉強などの雑記ブログ

PR

PCデポ問題におけるWebの弱さ

以前にPCデポについて取り上げたのですが

最近の続報を見るに、Webの力はしょぼい

と思っている次第であります。

 

floyd0.hatenablog.com

さて、最近の続報と言えば以下の様な感じ

www.nikkei.com

kabumatome.doorblog.jp

 

こういう記事を見た時、「えええ」って感じでため息出ましたね。

「そんなもんなの」と。

 

あれだけ詳細なヨッピー氏のレポがあり、

その他togetterまとめでも、様々な懸念材料や

情報提供が膨大にあって、たかだか10%のマイナスなのかと。

 

「いや、10%マイナスって中々ですよ」

とおっしゃる人もいるかもしれませんが

いうなればこれがピークマイナスってことなのではないか。

今後は風化されていくにつれ、回復する可能性もある。

 

これからさらにダメになる可能性もあるけど

記事にもあるように解約率は0.3%ほど上がっただけ。

低くない?だから訴訟せよというのに。

 

結局のところネットだけの力というのは

あまりにも影響が低いというか

特に高齢者ビジネスには微々たるものなんだなあ。

 

こういうのはヤミ金のグレーゾーンみたいに

集団訴訟などを起こして

徹底抗戦行うぐらいでないと

効果がないのだなあと思いました。

 

これで僕が痛感したのは、

ネットって世間の一部でしかないということ

世の中情強より情弱、

賢人より愚者が多いので

そちら側に寄せてビジネスしてれば

なんの問題もないということだろうか。