こうして僕らは腐る

ロンドン留学生活、社会批評、英語勉強などの雑記ブログ

PR

小池都知事をヒステリーと罵るヒステリー

築地移転問題でめちゃくちゃ都知事を叩きまくった記事がバズりまくってます

悪い意味で。

 

bylines.news.yahoo.co.jp

lineblog.me

以前からブロガーのやまもといちろう氏は

ミソジニーっぽいところがあると指摘されていましたが

今回は随分と発露されたと思います。

 

都庁前職員を粛正という点の何がそんなに頭にきたのか

夜中の2時頃に似たような記事を2つも投稿しました。

 

ここでは始終、技術的な問題のないことを指摘

豊洲の施設に問題のないことを強調しておられます。

 

ただはてブコメントにもあるように、技術どうのこうのより

「上に話を通していない」「予算をどうした?」という問題があります。

 

この点についてやまもといちろう氏はyahooの記事内で

建屋の下に入れたと言われる盛り土予算がどこに行っちゃったのか、もしくは空洞にするぞと決めてからきちんと予算から除外していたかを検証したほうが良いでしょう。

 

この内容が、恐らくは親会議に伝わらなかった、会議決定後、更新されなかったのは一種の凡ミスですから 

 盛り土予算には検証したほうがよい、という話に止め

上に話を通さなかったことは「凡ミス」としておられます。

 

この2つの点は極めて重大で、小池都知事はかなり正しい判断を行ったのですが

とにかくヒステリーを起こしたのだと叩きまくっているわけです。

 

とは言え予算が850億とも言われる中で、どれだけがどこに消えたのか

というのは最も追求されるべき点でしょう。

工事において、「やること」が変われば「予算」も大幅に変わります。

予算がもし誰かの懐に消えていたら、それこそ刑事処罰ものなのですから。

 

上に通していなかったというのを「凡ミス」と言ってしまうのもどうなんでしょうか。

予算を横領するなら当然、余計な報告はしないでしょう。

意図的に報告しない可能性も十分にありえるのだから、

都知事が怒るのも無理はないでしょう。

 

はてブコメントの中には秀逸なものもありますね。

どう見てもブーメラン。子宮がなくてもヒステリー起こせる見本て感じ。

全くその通りかと思います。

 

隊長に近しい親族企業も移転事業に食い込んでんのかな?と思わずにいられないポジショニングクソワロ。 

 僕もこれはすごく感じました。

やまもといちろう氏本人がステークホルダーなのではないか?と

だとすれば、氏が語る築地移転問題はあまりあてにならないでしょう。

 

ジャーナリズムというよりはプロパガンダの一貫でしょうから。

慌てて食べログに関する記事をだしましたが

bylines.news.yahoo.co.jp

ミソジニーでバッシングを受けまくって

慌てて出したのだろうということをコメントで見透かされてましたね。

彼は舌鋒鋭い論客としてもてはやされてきましたが

我欲でものを書いているのだろうと疑われ始めております。

 

ところで以下の記事でもそうなのですが

openblog.seesaa.net

twitterなどに蔓延る「技術に自信ニキ」はどうしてみんな

技術のみの方面から語りたがるのでしょう。

既に言及しましたが、これは消えた「盛り土予算」と「その報告」

問題なわけです。

 

「技術的に間違っていない、だから問題ない」

というわけにはいかないのです。

 

現場の判断で変更したことは思わぬトラブルを起こした際

誰が責任をとるのかという問題でもあります。

 

twitterでもヒステリックに啓蒙活動しておられるこういう方々も

やはりステークホルダー(利害関係者)だったりするのでしょうか。