こうして僕らは腐る

ロンドン留学生活、社会批評、英語勉強などの雑記ブログ

PR

iPhone 6s VS iPhone 7 乗り換えてわかったこと

すでにこのブログではiPhone7を購入したことは触れました。

そこでiPhone 6sとどれくらい変わったの?と気になる方もいらっしゃるかもしれません。

そこでポイントを上げて比較します。

 

電池持ち

 

当然7

7の方が持ちがいいように思えますが

6sを1年利用していてバッテリーがその分ヘタっていることを考えにゃなりません。

実際のとこ劇的によくなったぞというほど電池はもちませんねえ

 

ヌルサク度

 

ちょっとだけ7が改善された。

iPhoneが出る度に何倍早くなった!的な宣伝をするですが体感できるほどではないかと思います。

ただデフォルトのメールアプリを読み込んだときに、おや?かなり早いぞとは思いましたので、やはり性能は上がっているのでしょう。

 

ブラウジング

 

あんま変わってない気がする。

XperiaZ3から乗り換えたときは全てが変わりましたが、さすがにiPhone6sもコンテンツブロッカーは搭載されていたので、快適さという意味ではそう大差ないかなあと思っています。処理速度的にも体感できるものはあんまりない。

 

ハードウェア

 

やはり7

 

今回変更があったのがわかりやすいのはこちらですね。とにかく防水になったのが大きい。ただし海に持っていくまではなんともいえません。防水性能はそこまですごくないらしいので不安ですね。

 

さらにホームボタンのプッシュ具合が変わりました。カチっというだけで押した感がないってやつなのですが、これがなかなかイケてると思います。ですが好みの問題の面は大いにある。慣れない人は気に入らないらしい。

 

デザインは新色のブラックを選んだのですがそこは大いに満足しております。ゴールドもなかなか捨てがたいのですが、ブラックはやはりかっこいい。個人的にジェット・ブラックにしなくてよかったかなあと思います。

 

ただ問題点が1つあって、bluetoothのつながりが非常に悪くなりました。イヤホン自体は以前からbluetoothのものを利用していたのでイヤホンジャック廃止は影響がないのです。しかしながら、スイッチを入れてコネクトするまでワンボタンでできなくなりました。どういうことかというと、通常画面したをスライドさせて出て来るコントローラからbluetoothのオンオフを切り替えますが、それだけだとbluetoothにコネクトできないのです。僕のイヤホン自体はコネクトしたメッセーじが流れるのですが、実際にはいiPhoneから音が流れ出す。そこで設定画面に移って、bluetoothの自分のデバイスを何度かタップしてようやく音楽が流れ出すという始末。

これはイヤホンが安物でそちらを交換したらどうにかなるかもしれませんが、6s時代にはなかったことです。おまけに範囲外ですメッセージもちょくちょく出るようになりました。ポケットにあるのですが、OUT OF RANGEメッセージがでるんですよね。このBluetooth周りの仕様はすごくストレスフルです。

いろいろ言われてますね

iOS10アップデート後にBluetooth関連の不具合が発生するユーザーが多数発生中

 

上記にあるネットワークのリセットを2回ほど試したのですが、bluetooth問題はなくならずといったとこでしょうか。ソフトウェアの改善を望みます。

 

あとはたまに画面がフリーズします。使っている最中ではなくスリープになる直前の画面が薄暗くなる感じのときに、フリーズしてタップが効かなくなります。そのときは電源ボタンを押して画面を完全に暗くしましょう。

 

 

 

終わりに

 

7の購入代金9万から、6s売った代金3.4万を差し引いたら5.6万ほどで機種変更をしたのと同じなのですが、それだけの満足度があったかというと、うーんと言わざるを得ないんですよ。

 

特にbluetooth周りは深刻で、高めのイヤホンに変えてみようとは思うんですがそれでもどうにもならなければホントつらい。

防止の有無をどの程度評価するかというところでしょうか。

ほとんど変化がないから売上が下がると言われています。

お金があまりない人は買わない方がいいんじゃないかと思いますね。

 

 

合わせて読みたい

floyd0.hatenablog.com