こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

高卒でもなんとかなるよ。借金しないですむし

自分は高卒だ。

ネットでの風潮を見て戦慄したのは随分前の話。

 

最近増田で話題になっている大卒が必要ということだが

自分は並の学歴を超える資質という存在はあると確信している。

 

自分は自営業をしていて、私的に使える金は年間600万ほど

経費をドンドンつかって合法の範囲で税金はなるべく抑える努力をしている。

 

何にせよ、手取りが600万というのはサラリーマンではかなり限られているのではないか

いないわけではないが、多分高学歴の方々だ。

 

そんな自分は周りの友人達はみんな高卒かFラン大学卒や中退という交友関係しかいない。

マイルドヤンキー層ともかぶっている。

 

自分には子供がいないが、子供ができたら良い大学に言ってほしいと思うだろう

だけどそれ以上に与えたいことがある。

 

バイタリティ】と【読書】だ。

 

これはどんな人にも当てはまると思うが、この2つがそれなりに豊かな人生を切り開くと思っている。

 

まずFラン卒の高校の友人達は中小企業で働いているようだが、相当手取りが低い。

今では疎遠になったが20台中盤頃の頃は手取りで15−20万ぐらいがかなり多かった。

年率昇給も数千円あればいいとこだというので今でも大したものではないだろう。

 

彼らに共通するのは働くことへの意欲やバイタリティが全くと言っていいほどないことだ。

 

 

バイタリティとはなにかというと、自分の考えでは意欲、精神の強さ、肉体の強さだ。

自分は昔から金に執着していたのでサラリーマン時代も転職に躊躇がなかった。

3社渡り歩いたが、転職するたびに以前の年収を超えた。

超えない会社には絶対に入らないと決めていたからだ。

 

 

 

金を求めるならそれなりに評価されねばならないし、評価されなければ去らなければいけない

そう思って仕事に取り組んできた。

人間関係は複雑なので必ず素晴らしい評価を得てきたわけではない

結局、会社を作っていくほうがサバイバルできると思い、最後の会社もやめた

サラリーマンに戻る気はない。

 

同じ会社にいた大卒連中も、自分の思い切りの良さは認めてくれた

「よくできるな」って。

サラリーマンでやっていくほうがよくできるもんだと自分は思うけれども。

そういった思い切れる覚悟を作るのが意欲だと思う。

 

精神の強さも重要だ、嫌な奴はそれなりにあってきたが

そのたびに凹まずに、言い合いをすることもあった。

嫌われることもあるけど気にする必要もなかった。

おかげでなるべく圧迫されない環境に身をおくことができた

鋼のメンタルがあれば少なくとも個人としては生きやすい。

 

そして体の強さ、たとえば病弱すぎないとかだが

自分はジムでトレーニングをすることで、精神の強さも向上した気がする。

落ち着きや余裕もできた。体調不良もあまりなくなった。

働いて行く上で体は資本だと意識している。

 

今説明したのが【バイタリティ】だ。

この1つがあるだけでも、成功に近づけると思う。

 

そして【読書】だ

自分は読書する力というのは環境で作られると思っている。

自分の父は読書家だ。

子供の頃、父親の部屋に行くと、なにかしら本を読んでいた。

自分が足にまとわりついたりするのを無視して本を読んでいた。

母に怒られて、自分を公園に連れて行くがベンチで本を読んでいた。

自分は一人でジャングルジムで遊んで、眠たくなったら父親に帰るよう促す。

その時まで本を読んでいた。

父方の祖父の家に遊ぶと、祖父もひたすら本を読んでいた。

老眼鏡をかけて新聞や本を読んでいた。

自分と話すよりも本を読んでいた。

そうか、父が本ばかり読むのは、祖父がそうであったからだ。

だから自分もそうするだろう。

 

自分は中学校の頃から、純文学を読むようになった。

子供の頃から刷り込まれているイメージ、父が子供より夢中になるものが

どんなものかを自然と取ったのだろう。

自分は父親が好きだ、尊敬している。

公園で遊ぶより本を読む姿を見せてくれて本当に感謝している。

太宰治にはじまり、夏目、芥川、森鴎外三島由紀夫

カミュドストエフスキーシェイクスピアスタンダール

父親の部屋にあったカフカも読んだ。

 

読書する力こそ、自分を同レベルの友人たちから頭一つ抜けさせたと確信している。

今でもニューズウィーク誌や新書などは読むようにしている。

長い文章を読破できるかどうかは、その後の人生に大いに関係すると思う。

 

読書が区でないから税金関係の分厚い資料も読み通せるし、

テクノロジーの本も読める。

自営業は素早く資料を読み通して、情報を頭にインプットするとに抵抗がある人は

あまり成功しなかっったり、騙されたりするだろう。

 

父は金銭意欲に欠ける人だったかが

母はバイタリティに満ちた人物だった。

自分の性格は母譲りだと思う。

 

バイタリティと読書力があれば並の学歴はハンディにならない

東大とかハーバードクラスについてはわからないが。

 

他の増田も書いたけれど、

自分の成功はその2つをくれた両親のおかげかもしれない。