こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

ブラック開発現場にぶちあたりました

しばらく前に電通過労死問題が話題になりました

anond.hatelabo.jp

10/17でブログの更新が止まったのは、僕自身がかなり忙しくなったからです。

電通マンほどではありませんが、ほとんど毎日終電で帰ることになり、えらいことになっています。

今でも収束しておらず、金曜に終電で帰り、日をまたいで朝4時まで作業し、夕方からまた作業するというような状態です。

 

今の契約先はかなりしっかりした取引先と思っていましたが、彼らも顧客に頭が上がらず明日までにやれと言われたら、やらざるを得ない会社ということだったようです。

 

まさか電通の内部から漏れ聞こえるような事案に巻き込まれるとは、思ってもいませんでした。

 

リリース2週間前にデザイン面や機能面での追加・変更があったにもかかわらず、社長は納期や人員交渉を行いませんでした。

おまけにうんともすんとも言わなかったエンドユーザーがリリース1週間前に完成品を見せろといってきた、しかも2日後に見せろとかいきなり言い出して、社長の海外出張とかぶり、顧客と交渉している人がいないためテンヤワンヤする事態に。

 

そして今、きちっと社長が納期と仕様をつめて文書かしてなかっため、言った言わないの状態になり、随時追加更新状態というヘヴンなことになっております。

社内チャットから通知がきてますが僕はまだ見てません。

 

僕が会社を運営しようとするにあたって絶対に気をつけたいことが2つ

 

1.納期に余裕をもたせた上で、やることを明確に文書化する

2.追加・変更に関してはどんなに簡単に見えても納期・予算交渉を行う

 

今の取引先はこじんまりとした中小企業でもっと柔軟な交渉力があると思っていました。蓋を開けるとひどく杜撰な会社だなあと思わされます。

 

今月末で契約が切れることが救いですが、本当にやってられませんわ。

 

ブラック現場に久々にあたって思ったことは、精神と趣味時間が削られるということです。

 

読書や映画を見る時間がなくなり、ここ1週間ジムにもいけてません。

とくにジムに行けてないことは不安にさせますね。

 

11月からは比較的もっと文化的な生活ができると思います。

ブログの更新もね。