こうして僕らは腐る

ロンドン留学生活、社会批評、英語勉強などの雑記ブログ

PR

スキだらけの女性と、スキのない女性

カラオケバーなるものをご存知か。

自分はここ半年ほどカラオケバーに出入りしています。

カラオケバーとは小さいキャバクラみたいなところです。

 

1時間いくらかで飲み放題カラオケし放題で女の子が横についてくれます。

指名料はないけど、あいている女の子しかついてくれないので指名と言うものがないみたいな感じ。

 

キャバクラと違うところは規模が小さく大所帯には向かないところだろうか。

キャバクラなら5人でいけば5人の嬢がつくが、カラオケバーならせいぜい3人。

嬢とのお話ではなくカラオケメインという体なのです。

 

自分が半年ほど前から通っているカラオケバーは彼女と別れてから通い始めました。

寂しくなったらそこに行って2時間ぐらい飲んで帰る。

そのカラオケバーにはルールがあって、常連の客を嬢同士で取り合わないのです。

どういうことかというと、僕が最初客引きで会った女の子は自分好みの可愛いこでした。そこでLINEを教えられたわけですが、この時点で僕はその嬢の客ということになります。

 

なので、そのカラオケバーに好みの女の子が他にできたとしてもLINE交換はできません。嬢が教えてくれなくなるわけです。

最初そのルールを知らなかったので気軽に聞かれて教えましたが若干後悔しました。

結構他に可愛い子がいたので。

 

ともあれそのカラオケバーの嬢をアイちゃんとしましょう。

アイちゃんは率直に言うと夜専用の女性です。夜の水商売が大好きだと言っていましたし、水商売以外に仕事はありません。客との線引がキチッとしていて、スキが全くない。

 

プライベートで飲みに行ったりとかもありませんし。まあいい子なんですが、張り合いがなくて、おまけに夜の仕事ばかりだとあまり話せることが限られてくるんですよね。

半年もあればお互いの守備範囲がわかってきちゃってマンネリ化してくる。

 

そんなとき2週間ほど前に顔なじみのボーイさんが客引きをしていて、新しくカラオケバーができたから1度来てくれと言われて行ったわけです。

 

僕はその時友人達5人で飲んでたので5人で新しいバーに行ったわけですが、そこで接客してもらった一人が所謂スキだらけの女の子です。

その子を仮にリナちゃんとしましょう。その子は酒がそこまで強くないのに酒好きなタイプで学生なのですが、夜のバイトをしているみたいな子です。

 

アイちゃんとリナちゃんは奇しくも同年齢です。20歳。

リナちゃんはとにかく酒を飲むと明るくなってカラオケのときの合いの手で声を張り上げるようになります。何が素晴らしいかというと、要求もしていないのにスキンシップしてくるのです。

ものすごい近い距離に密着してきて僕の太ももとかを触りだす。こんな子が世の中にいたのか!と感動してしまいました。

 

そんなわけでLINE交換しました。アイちゃんとリナちゃんの違いは呼び出しの回数です。まだ2週間ですがリナちゃんはお店に来て欲しいといったことがない。

アイちゃんは1週間に一回は来る。

そしてリナちゃんの店にはまだ2回しかいっていないですが、プライベートで飲むことになりました。その報告は別の機会にしますが。

 

とりあえず若くて可愛い子が隣りにいて歌えればいいかと思っていた自分が、今やスキだらけのリナちゃんのおかげで欲が出てしまった。

あまり呼び出さずプライベートで遊んでくれるリナちゃんと

かなり割り切ってお客扱いしかくれないアイちゃんのお店どちらに行くかということです。お金のことを考えればどちらに使うかは明白でしょう。

 

しかし何でしょう、この敗北感。紳士ぶっても所詮は男か。

長い連載での初期のヒロインよりも、ポッとでの新キャラに人気を持っていかれる感じ。

 

嫌いではなーい。