こうして僕らは腐る

ロンドン留学生活、社会批評、英語勉強などの雑記ブログ

PR

書評:「限りなく完璧に近い人々 なぜ北欧の暮らしは世界一幸せなのか」著者 マイケル・プース【ネタバレあり】

 

限りなく完璧に近い人々 なぜ北欧の暮らしは世界一幸せなのか?

限りなく完璧に近い人々 なぜ北欧の暮らしは世界一幸せなのか?

 

 

日本でもたびたび取り上げられる北欧社会主義

財政健全かつ、差別が少なく、給与も高く(税金も)、休みも多い。

そんなすげえ国々が世の中にあるってのがすげえ。

 

北欧バンザイな意見はたまに聞きますが、それと同時に所詮は理想で悪い部分がたくさんあるんだぞという反論もあります。

僕はそれらのどちらが正しいのか、ということは気になっていましたが、いかんせん北欧のナマの情報というのは日本ではなかなかなく、賛成派も反対派もそれぞれバイアスがかかっている。

 

本当に北欧は理想の楽園なのか?

そんな疑問に答えてくれるだろう英国人の調査資料がこの本ってわけだ。

 

僕の結論は「楽園ではないだろうが、日本よりもストレスフリー」という結論だ。

この本で調査されているのは

デンマークアイスランドノルウェーフィンランドスウェーデン

 

著者はイギリス生まれ育ちだがデンマークで子育てなどをしているので、デンマークへの移住者と言えるだろう。

 

上の5つの国をそれぞれ歴史を紐解き、現地民にインタビューしたりしている。

 

印象に残ったのは「欧州大陸側よりもだいたいシャイ」で人に自慢したり傲慢な態度は嫌われるという点。

北欧諸国はだいたいそういった文化があり、おしゃべりな人間は信用されない風潮があるんだとか。ここらは日本と同じところだなあと思う。

デンマークではそういった風潮のことを「ヤンテの掟」と言うらしい。

 

興味深いのはノルウェーだろうか。予想通り石油収入で圧倒的な資本力を持っていて一般市民も全体的に金持ちのようである。

ヨーロッパ基準で見れば豊かなスウェーデンでさえ、国境を超えてノルウェーで働きに行くというようだ。

資本を無駄遣いすることなく投資しているところも抜け目がない。

ただしあまり労働意欲がないようで、豊かだけどスーパーの品揃えが悪いというのもすごく意外。

ビール一杯に1700円もするってのもすごい。

物価レベル半端ねえ。

ノルウェーに暮らすなら2つ気をつけないといけない

「寒さと暗さ」「男女平等」

と本書のインタビュー内に書かれているけど、なんというか僕はあんまり魅力的な国じゃないなあと思ってしまった。

 

男女平等とか金持ちってのはいいんだけど、全体的に「退屈そう」感が半端ないのよね。

 

面白かったのはフィンランドのサウナ体験記だな。

見栄っ張りのイギリス人っぽく、素人にみられないように他の人を観察しながら入るってのは笑える。

 

一番最後に持ってきたスウェーデンは一番北欧っぽくない国。

なんだかんだで移民を拒絶する世論がスウェーデン以外は強い。デンマークは特にその傾向があるようだ。

スウェーデンはその点、移民を拒絶しないような社会を目指して変える気はないらしい。だけど、ローゼンゴードという地区に集中していて、ストックホルムには移民が少ないらしい。

 

北欧の歴史は圧倒的にスウェーデン中心の歴史ということもわかった。

唯一移住可能だなあと思ったのはスウェーデンのみですねえ。

交通マナーがすごく悪いとも書かれていた。電車に乗る時に、他人のスーツケースを蹴っ飛ばしても謝るようなことはないと。

そしてやはりあまりおしゃべりではない。

 

そして超個人主義の結果、国家に依存する全体主義のようになっているとも。

個人の権利を守るのは国家であり、家族や恋人にも依存しないことが理想というのは中々面白い解釈だ。

 

それが実現できているのは世界でもスウェーデンのみだろう。

男女平等のレベルも北欧は素晴らしい。

イギリスでは歩道の道路側を男性が歩くとか、ドアを開けるという習慣があるし、日本でもそれは素晴らしいと言われているけど、北欧の女性はそういったことをすると戸惑う。そんなことは不要なことだという認識があって、男性もレディーファースト的なことはしないようだ。

ここまで徹底しているなら男女平等も悪くないのかもしれない。

 

男女平等や健全な国家運営を見た時、その国に生まれるのは幸せなんだろうけど、日本の便利さになれきった僕がそこで暮らしていけるかと考えた時、ものすごく退屈そうだなあという感想がわきでてきました。