こうして僕らは腐る

ロンドン留学生活、社会批評、英語勉強などの雑記ブログ

PR

カムアウトできる社会が理想か、カムアウトしないでいい社会が理想か

ゲイであることを週刊誌がすっぱ抜いた結果、苦悩した一人の芸能人が引退しました。

headlines.yahoo.co.jp

ゲイだとは思わなかったけど、彼の最後のコメントからは苦悩がにじみ出ているます。

本人にとっては深刻な問題だったのでしょう。

 

僕はゲイじゃないのでわからないですが、彼らにはやはり苦しむところがあるのでしょう。

ところで僕はふと思うのはタイトルのことです。

つまり、ゲイをカムアウトできる社会を理想としているのだろうかということ。

欧米の人だと、勇気を持って告白することを讃えたりしますが、それって理想社会なのか?と疑問に思います。

 

差別主義者をなくすことなんて不可能だってことはみんなわかってて、そりゃ殺人犯も窃盗犯もなくならないのと同じでしょう。

ゲイだけど無用なトラブルを防ぐため隠したいと思っている人もいるわけで、沈黙を守る社会でもいいんじゃないかっていう人もいるのではないか。

 

ただし沈黙するということは社会保障や法律でゲイの権限が永遠に認められないということでもあります。

たとえば正式な伴侶として同性を指定したいゲイカップルもいるようですが、それを認めさせるにはカムアウトして活動するしかない。

法的に認められても、手続きするにはゲイカップルと申請しないとどうしようもない。

 

だから世間的からは大なり小なりのリアクションがあるはずで、それを望まない性的マイノリティもたくさんいるんだろうなあと感じさせられた一件です。

 

異性愛者だ、というのは殆どの人にとって普通すぎてカムアウトしようがしまいが誰もなんとも思わないでしょうが、性的マイノリティはそれを告白することによって明らかに周りの目が変わる。

 

どちらにせよ試練が待ち受けていると思いました