こうして僕らは腐る

ロンドン留学生活、社会批評、英語勉強などの雑記ブログ

PR

女の裏の顔

ちょっと興味深いことが最近起こりました。

キャバクラやガールズバー遊びも最近は落ち着きつつあるのですが

少し前にガールズバーの女の子とアフターをしたお話で(下記参照)

www.byosoku100.com

酒でへべれけになるのはダメだなあなんて思ったのですが

その後その女の子のtwitterの垢を偶然見つけまして、

そこで結構、裏の顔とうかむしろ表の顔を見てしまった。

 

成り行きで言うと、まず女の子の知り合いのダーツバーを

ネットで探しまして、これは単純に料金、住所と営業時間を見るためで

最初はダーツバーの名前でホームページをググったのです。

 

そうすると、HPはなくツイ垢を見つけたのでフォローしました。

ここまでは特になんということはなく、ダーツバーをいくつか知っておいても損はないし、むしろ友達と普通に飲むときにはありなので探したわけです。

 

マイナーなダーツバーだったらしく、フォロワーが少ないのでチラッと見ると、かのガールズバーの店員の画像が見つかりました。

 

LINEの画像と同じだったので気づけたのですが、その時はあの子ツイッターもやってたんだなあと思ったぐらいでした。

それで気軽にフォローしたわけです。

その子のアカウントは鍵垢で内容が見れず、僕のアカウントは個人情報が全然ないのでフォロバないかと思ったのですが、しばらくすると返ってきたわけです。

 

向こうは特に店のお客だとは気づいていないようで、ただフォロバを返してきただけのようです。

 

オープンなんだかクローズなんだかわからない女の子だなあと思いながら、ツイートを眺めると、まあ普通の女の子に見えました。

というか普段からやたら酒を飲みまくっているなあと。

 

ただ彼女はダーツバーの店のオーナーと年越したらしく、その写真があがっておりました。

もちろんダーツバーのオーナーは僕も知っているのですが、

LINEで年越しの話になったときは友達と大晦日に遊んだとだけ僕に言っておりました。

 

僕の知っているオーナーと正月に一緒にいたというのは言えなかったのでしょう(笑)

 

自分はそういったことは気にしませんから言ってくれればいいのに、客という立場だから、男の匂いを隠していたんだなあと思うと可愛らしいですね。

 

ただたくさんの友達とつながっているツイッターでで堂々と男と遊んでいる写真を載せるのはある意味で潔白な証拠を見せているんだろうなあと思えました。

わざわざ彼氏じゃないアピールなんかもツイートしてましたね。

 

裏の顔というのは上のことというわけではなく

僕はツイッターに電話番号同期をしていたのですが、それによって彼女の裏アカウントがでてきたということです。

 

とんでもない無防備なのですが、裏垢にはツイートがほとんどなく、フォローもフォロワーもいないというものなのですが、少ないツイートからは本当にどこか彼女の本音らしきものがたまに書き込まれるといった風情でした。

 

驚かされたのは、裏アカで「調子にのるなよ」とだけ書かれたツイートがあったりするのですが、誰に言っているのかはわかりません。

ところがその日に嫌なことがあったんだろうなあと思って、表の垢を見ると全くなにも書き込まれていないのです。

 

これは興味深い。

ニコニコしながらも、何らかの嫌なことはやはり日常の中にあり、さすがにその愚痴は表アカウントには書けない、なんだったら詳細もすべて伏せていました。

 

よくSNSは見栄っ張りだったり、いいことばかり書かれているというようなことが言われますが、こんなに若い世代でもやはりそういったところがあるのでしょう。

 

それでも、ネット上に書き込む精神がちょっと理解できないですが、現代の若いこのクセなんでしょうかねえ。(まあ僕も匿名でこのブログしてますが)

 

ただ気づいたのはそれだけではなく、僕やガールズバーで働いているということはツイッター上には存在しませんでした。

 

例えば僕とアフターで飲んだ日のことは、表でも裏でも何ら書かれていませんでした。

やはりガールズバーで働いていることそのもを鍵垢でつながっている友人たちにさえ公表していないということなのでしょう。

 

そうするとリア充感丸出しの彼女たちでさえ、人に言えないことやなんやらがあり、その顔を使い分けているということがわかりましたね。

 

こうなると夜の顔を隠しながらツイッターをしていて

昼の顔を隠しながら僕に接客をしている彼女がとてもとても興味深く見えてしまいます。

ただの店員というか、ちょっとした観察対象みたいに見えて面白い(笑)

 

まあ、ITに疎い人たちというのは本当に無防備で、鍵垢なら友達以外はみてないとか友達に教えてないから気づかれないとか思い込んでしまうものなのですね。

 

そして、やっぱりSNSって怖い(笑)