こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

おっさんが月収153万円以上稼いで気づいたこと8個

学生で150万とかうらやましいですね。

www.proof0309.com

 

さて僕はもう30のおっさんです。今月の収入は表題のような感じで、実際には153万以上ではありますが、まあブログのタイトル便乗ということで(笑)

まあとりあえず列挙していきますか。

ちなみに職業は自営のITエンジニアです。

 

1.ググってちょっと本を読むだけでは稼げる知識は身につかない。

上記の記事では、ググって本読むだけでブログで稼げるよーって書いてます。ブログ界はいいですね。IT業界は絶対そんなことはなくて、本も読むしググりはしますが、アウトプットと他人のやり方を盗むことが圧倒的に重要です。

 

アウトプットとははなにも技術ブログを書くのではなく、実際に使われている製品やサービスを作るってことです。会社の中で働くか、僕のように企業から依頼を受けて作るかしなければなりません。

そうすることで実際に運用できるレベルのものが理解できるからです。それがなければ創意工夫も知恵も効率も中々追求できないものです。僕は平凡な技術者なので。

 

ググって本読むだけの商売は参入しないほうがいい。

なぜなら簡単なことは誰にでもできるからです。キュレーションメディアの記事をコピペで書くがごとくのブロガーなんて儲けられるわけがないし、ブログで儲けている人は簡単にできたわけではない、というのは社会人ならわかるはずです。

儲けているぜ!ってアピールするのは講演料やら教材料を儲けたい人の戯言です。

頑張って儲けるブロガーになる努力をするぐらいなら、同じ努力と時間でITエンジニアになったほうが絶対に稼げます。

 

2.需要とお金を結びつけよう

得意な分野でお金を稼げるのはまさにベストです。ですが、死ぬほど好きな分野でお金を稼げるとは限りませんし難易度が上がります。その分野のオンリーワンならたいてい稼げるでしょうが、みんな凡人で平凡な人生を行きていくためにさえお金が必要です。

 

なのでいきなり好きな分野でがんばれ!というのは僕の社会経験で言えば無責任かな、と思います。若ければそういう時間があってもいいでしょうが。

 

PHPJavaが好きだ、ということであればたいていお金にも結びつきますが、アセンブラが好きすぎて死ぬ、ということであれば就職先も依頼もかなり限定されます。

需要のあるものを学ぶとお金には困らないかと思います。みんなができることは単価も安いだろ!という人もいるでしょう。なので1つ目に上げた話に繋がります。

 

勉強さえしていれば、需要ある技術のなかで平均よりちょっと上ぐらいの能力は手にはいります。それぐらい世の中は勉強してない人が多い。

IT業界は今人手不足で、できない人たちの立場さえ強い。僕は2流の技術者だとは思っておりますが、それでも信頼を得てタイトルの金額ぐらいは稼げるのです。

 

 

3.「好きこそものの上手なれ」だが、それだけでは信頼を得られない

需要のないものを好きになってしまうと、目も当てられませんよ。もちろん趣味ならOKだし、ナンバーワンになれるならニッチ技術でも良いと思います。

ところが需要がなければ結局、主流の仕事をさせられます。例えばHaskellが大好きでも、仕事がなければC#の仕事をさせられたりします。

 

さらに言えば企業取引をするなら、納期を守ることがマストであり、技術的なこだわりだけではやっていけません。それと、やりきってくれるだろうという信頼感や態度こそが重要なので、好きなものにこだわるというのは中々稼ぎにつながらない。

好きなことは上達するのは間違いないでしょうが、好きじゃないことも往々にしてやらねばならないことがあるということです。

 

4.とにかく考えながら続ける

10年前と業界は同じです。仕事もまあ同じですが、やっていることはかなり範囲が広がりました。効率よく開発するための環境作りや、先読みする能力、指示を出す能力など、効率化のためには技術だけではなく、空間作りと言えるものが必要です。

その空間作りのためにあまり得意ではない技術も必要。

ありとあらゆることが好きになれればいいけど、やはり苦手分野の技術も組み合わさなければ仕事が楽にならないものです。

それらを常に考えながら続けなければならないでしょう。

 

5.お金を稼げば不安にはならない

たとえば、親が大病を患って働けなくなるかもしれないとかです。

去年親が手術の必要な病気になりました。結局何事もなかったのですが、もし寝たきりになったりすれば、親のしている役割を誰かがやらねばならなくなります。

家の管理とかも、親がいれば本人たちがなんとかしますが、いなくなれば僕らが対処しなければならない。僕はまとまったお金をすぐ出せるので、当面はしのげるのです。

 

思ったより大きな病気なら治療費も必要になるでしょう(母の保険でカバーできました。)そんなこともあって、僕は生命保険に加入していますが、その料金もサラリーマンだと躊躇する金額を毎月支払っているわけです。

 

お金というのは単純に幸福度を上げるものではなく、不安を和らげるものではあります。特に健康面においては。体をだめにしてもお金があることで凌げる場面は往々にしております。家の修繕費や車などの維持管理費などは持っていてしかるべきでしょう。

 

そういった不安解消にお金はとても役に立っております。

 

6.周りからの評価が変わる。

これは変わりますね。両親からは頼れる息子の立場になりました。叔父さんからは昔はナヨナヨしているかと思っていたけど、いい男に育ったと言われました。

 

取引先からは僕に是非お願い致しますという立場で頭を下げられます。

 

昔からの友達からはクソ野郎だけど、金は稼いでるという扱いを受けます(笑)

 

ガールズバーの20歳ぐらいの女の子を今度ステーキハウスに連れて行くことになり、鼻の下も伸ばせます。

 

自信がつくっていいことですよ。

 

7.お金を稼ぐと勝手に心が穏やかになる

周りがハッピーになってくれればいいなあと、心から思えます。

不幸な人をみたくなくなるというか、昔もっと荒んでいたというか、「なんでアイツばっかり」みたいな風に思っていました。

 

隣人にとってより良い自分になれるか。お金に振り回されていないか。

そんな風に思えるようになりました。本当に丸くなったなあ( ;∀;)

 

8.能力鍛錬以外の欲求がなくなる

昔はもっとビッグになってやるぜみたいな野望もあったように思えますが、承認欲求よりも安定したやりがいや趣味にお金を使う時間を確保するために、もっともっとお金を稼げるスキルを身につけようって思えますね。

 

ブログは匿名でやっとりますが、それで稼いでメジャーなるって気はなくて、この時期に自分は何を思って書いていたのかっていう振り返り的な意味でやっています。

 

今年中にイギリスに行って半年ほど英語勉強する予定なので、やはり自分の能力を高めるために時間と資金を使います。周りたいして云々より個人として高める欲求がでてきました。(その資金もお金が稼げるようになったからこそです)

 

昔は知名度のある芸能人がうらやましいなんて思ったこともありますが、今ではそこまでの立ち位置じゃなくたってお金は稼げるし満足できるじゃんって思うようになりました。

 

案外心地良いもんですよ(笑)

 

----- 終わりに -----

 

タイトルの153万円以上というのにはトリックがあります。

個人事業主やブロガーなんかもそうですが月収というのに騙されない方がいい。

 

なんで一月でそんなに稼げるの?って思った方はサラリーマン生活に毒されすぎでしょう。今月170万近い金額がもらえましたが、それは去年12月にこなしたA案件と、今年1月にこなしたB案件の請求金額が2月に振り込まれた、というだけの話です(笑)

 

月収と言われれば、1ヶ月の労力で1ヶ月の売上と思いがちですがサラリーマン以外ではそういう計算は間違っております。

 

なのでブロガーがお金自慢を始めたら2016年度年間売上XX円とか、税引き後の平均月収XX円という書き方でなければ信じないほうがいい。

 

自営業は瞬間風速がやたら上がったり、振込のタイミングが会社によって違ったりしますから。比較するなら年間売上がどの程度か、というところが大事でしょうね。

 

みんなも騙されないで、楽なお金儲けなんて存在しないってことを意識した方が不幸になりませんよ(笑)