こうして僕らは腐る

ロンドン留学生活、社会批評、英語勉強などの雑記ブログ

PR

ゲイにキスされてわかるセクハラとゲイヘイト

知り合いのバーでちょっとした催しがあるということで、友人たちと行ってまいりました。テラスでバーベキューをするというイベントでDJが音楽を鳴らしつつ、肉を食う感じ。

 

それはそれでよかったんですが、会ったことのない人たちもたくさんいてボチボチ盛り上がっておりました。

 

そこにゲイの人がいたわけです。見た目は普通のイケている兄ちゃんでオカマとかではない男。別の人から、あの人はガチゲイだよと言われてはおりました。

 

帰るときに、そのゲイの男がその男の友人たちは座っていたのですが、僕に近づいてきてハグして頬にキスしやがりました。

 

嘘やろって思いましたね。

 

あの男のねちっこい唇とヒゲのチクチクした感触が最悪な気分にさせましたよ。

 

自転車で帰るため、友人たちを待っているとそのゲイがまたこちらにやってきてハグしようとしてきました、僕も警戒しておりましたので後ろに下がり、「もういいよ」と言いました。そうするとサドルに置いていた手に触れてきたので「アンタ、酔っているのか?」と僕が尋ねると「酔ってない」と言うのです。

 

ああ、ぶん殴ってやろうかなあと思いましたが、黙って自転車で道路を渡って遠ざかりました。

 

そして、挨拶に手間取っている友人たちにもイライラさせられましたよ。

 

後から考えると、例えばキャバクラでセクハラを受けている女の子達なんかはみんなこんな気持ち悪い思いをしているのですかね。そんなことを考えると、こういった目に合う可能性の高い女性たちは不憫だなあと思いました。

 

と同時に、こういった輩がいるとゲイヘイトたまりますね。ゲイの権限が認められてくるとあんなヤツらが堂々とし始めるのーって思ってしまいましたが、今現在でも襲ってくるやつはいるのだからあんまり変わらないか。

 

まあとにかく、ゲイの権限を認めていくなら、こういった異性愛者へのトラブル対応も認知されていって欲しいですね。