こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

「L.A. コンフィデンシャル」:映画レビュー【ネタバレあり】

1997年の名作の名高い映画。

 

LAコンフィデンシャル〈上〉 (文春文庫)

LAコンフィデンシャル〈上〉 (文春文庫)

 

 

1950年代のロサンゼルスを舞台に、警察の腐敗とそれに抗う警察達の活躍を描くサスペンス。ハウス・オブ・カードのケヴィン・スペイシーも出演しているスリリングな作品です。

 

マスコミとつるんでとくダネを流す悪徳刑事、腕っ節のいい現実的な刑事、上昇志向の強いエリート刑事など三者三様の警察官が出てきて、L.A P.D(ロサンゼルス警察)を取り巻く陰謀に巻き込まれていきます。

 

黒人やラテン系なら冤罪でもかまわんという姿勢で望む警官達、出世のためには仲間を売ってもいいと考えるエリートマン、過去のトラウマから女性への暴力を嫌い汚い仕事も厭わない泥臭い男。

 

そんな中、懲戒された仲間を含む売春婦達が虐殺された事件を追う内に、ヘロインの密売に関わるマフィアとの関係が見え始める。

 

とまあ、そんな感じのストーリーです。結構熱い展開で、どうにもならない警察組織の中奮闘し、それぞれの正義を貫くために行動していく内に、友情が芽生えていくような。

これぞハリウッドと言えるエンターテイメントな映画であり、出てきたキャラクターを余さず伏線として使い、どんでん返しを見せてくれます。

 

友情あり闘争ありミステリーありと、なんでもござれで最後はおなじみの銃撃戦も繰り広げられて大満足の2時間です。

 

 

8点/10点