こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

【イギリス留学記】30日目(Mon) Mad RollとかいうMadな食べ物

さて週の初めっから早々に遅刻した。起きたら9時とか言う絶望的な状態だった。最近生活リズムが崩れていて、夜に全然眠れず朝遅く起きてしまい、さらに家に帰って変な時間に眠るという習慣になりつつあってよくない。とにかく9:15までに授業に参加できなければ次の休憩時間までは待機になるというルールがあるので、ひとまず11時の授業から参加することにした。

 

授業自体は極めて簡単なPast simpleだったので遅れたけどまあいっか程度に思った。いよいよこのクラスのGrammarは簡単すぎてモチベーションが下がるなあと思い始めた。授業中使われる英語もワンパターン化してきた。そろそろクラスチェンジの予定を立てた方がいいかもしれない。

 

朝来て思ったのはポーラン人おばちゃん達がいなくなっていたことだ。そっか2週間かそこらで帰ると言っていたなあと思った。彼女たちもとてもいい人だった。英語はあまりうまくないけど。いなくなると寂しいもんで、ブラジル人のエドガルドや中国人のパトがレギュラーメンバーみたいに残っているのが嬉しく思えるほどだ。

 

欧州方面からの人たちは本当にショートステイしかしないタイプが多い。EU民なので働きながら少しだけ学校に来るという人もいる。最近Speaking Classでも見なくなったフランシスなんかも帰ったのかもしれない。語学学校は本当に本当に一期一会だ。

 

授業が終わると3時40分からのSpeaking Classを予約し、その間に屋台を食べに行った。昼の良い時間だからか人もたくさんいた。食べたことのないものから挑戦したいタイプの僕はMad Rollなるものを売っている屋台をみつけたので挑戦することに。Mixと書かれたものは7.5ポンド、普通のものは6.5ポンドと結構高い。

 

ファンキーなアジア人ととなしそうな白人女性の組み合わせで売っていた。僕は外食する時にできるだけ高い食べ物を買ってしまう癖があり、今回も7.5ポンドの方を買ってしまった。さて食べてみるとこれがめちゃくちゃまずい。

 

どうなってんだよ、味覚障害か。ていうぐらいの味の組み合わせが悪い。まじでマッドロールだ。ご飯を巻きずしのように巻いたモノの中にカボチャと海苔とテリヤキっぽい肉なんかが入ってて、トンカツみたいにご飯の巻いたものを揚げているといったもの。何が駄目かってカボチャがダメ。甘い。甘ったるいのがテリヤキの肉の味を相殺している。食感は衣がカリカリなのにカボチャはめちゃくちゃ柔らかいという相反する2つの要素をぶっ込んでいて、こういうときどんな顔をしたらいいかわからないの、って言いたくなる。7.5ポンド高い。二度と食わない。

 

気づいたんだけどイギリス料理がなぜまずいかって言うと基本的な味の要素を理解していない気がする。なんでこんな味の違うものや食感の違うものを組み合わせようと思ったんだ。高い金払ってこのクオリティは死にたくなる。

 

毎日毎日サンドイッチ生活なのに、ちょっとお金使った外食でこれはつらい。

 

前日

www.byosoku100.com

次の日

www.byosoku100.com