こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

30代での大学入学は金額に見合った投資となるか

ある人は言う高学歴は最高の投資だと。18歳で高学歴になればその後の人生である程度勝ち組になる可能性があるし、OB、OGにも強力な人達がいる。コネクションもできるだろう。

去年の自分はこんなことを考えていた。

www.byosoku100.com

 

この記事では高学歴を肯定しつつも、それ以上に素晴らしいことがあるということを言っていて、まあ今でもそこは変わらない。

 

だが僕は、来年に大学に行こうとしている。高卒として10年以上やってきて今更大学に行くのかと思わなくもない。しかしイギリスの大学であれば、ただ日本の大学を卒業することと違って、世界でも通用するし英語ができれば日本が沈没してもやっていける、と思う。

 

概ね4年間の投資ということになる。費用は凄まじい。日本の大学に行くことと違って大幅にコストがかかる。年間の学費だけで200万を超える。これをFoundation Courseと3年生の学部(イギリスの学卒は3年だ)で4年800万を超える。

 

それだけではない。僕は今かなり切り詰めて語学留学を果たしている。家賃と光熱費で一ヶ月10万、食費、携帯、定期合わせて5万ほど。ようするに今の切り詰めた生活でも15万はかかると見なければならない。

 

1年過ごすのに180万。実際には250万ほどあったほうがいい。何かあった時に対応できるだろうから。僕の親は金を持ってないので全部自分で賄うが流石に借金することになる。4年で720万と800万。語学留学と違って4年も滞在することになると保険なども簡単なものではなく考えて支払わなければならない。日本の出国手続きをしても、年金を任意で継続するかどうかでも変わってくるだろう。

 

利息なんかも考えたら総額2000万の借金を背負うことになる。4年働けない分の年収のロスはだいたい1年あたり低くても700万程度。つまり4年で2800万ほどロスすることになる。

 

合計5000万近く生涯年収が消える。大学卒業後それをペイできるだろうか。年齢もそうだ。来年首尾よく進学が決まったとして、入学は32歳。計算すると僕は36歳の誕生日を迎えた後に卒業する。僕の友人の子供は小学生になっているころだ。

 

親の年齢も気になる。もう還暦を迎えた父母が卒業する頃には70近い年齢になっているだろう。孫を欲しがっている特に母親には悪い気がするし。父に至っては認知症になったり、大病になったりしていても不思議じゃない。

 

30代という年齢は、自分以上に親が年を取った気がする。80代ぐらいまで生きれるとして、貧困な親を支えてくれる人もいない。自分の家族には自分しかいないのだ。姉妹がいるが彼女たちは自分を支えるので手一杯だろう。

 

5000万というコストはバカげたものか。それともその価値はあるか。人生の価値としては金に変えられないだろう。チャンスがあったのにやらなかったことはたいていみんな後悔する。

 

仮に株などに投資するとすれば、増やすことさえできるわけだ。そう考えると僕は自分の人生を使うには年を取りすぎたのかもしれない。イギリスの大学卒業というのはかなりの特別なキャリアではあるが。

 

大事なのは英語力だ。もっと上を目指したいなら必須のものだが、日本でのらりくらりやっていくならそこまで必須ということもない。

 

日本が上り調子だったら良かったが、下り坂の日本でのらりくらりはできるのだろうか。人口減少局面の国で高卒マンがのらりくらりできるかどうかは微妙だ。会社を起こしてなんとか飯を食うというかもできるかはわかならい。そう考えると世界のどこでもやっていける力は必要になるだろうし。イギリスでも学歴社会が幅をきかせている。

 

本当に本当に悩ましいところだ。