こうして僕らは腐る

ロンドン留学生活、社会批評、英語勉強などの雑記ブログ

PR

【イギリス留学記】47日目(Thu) シンドラーのリストを見て初心に立ち返る

前日の夜から日をまたいでシンドラーのリストを久々にみた。これで4回ぐらいは見ただろう。3時間を越える名作である。

 

久々に見ても感動的であるが、細かい会話だとかに気を配って見れるようになった。高校生ぐらいの時にツタヤで借りてみて衝撃を受けた記憶がある。僕にとっては一番いい映画だ。いつかオスカー・シンドラーみたいな人間になりたいなあと思っていた。

 

もしかしたら僕の快楽主義的な側面はこの映画の影響かもしれない。久々に見てもシンドラーとそのパートナーであるイザック・シュターンの心の変遷は良い。最初はぎこちない二人の関係も終盤では強固な友情になっているし、ユダヤ人を金儲けに利用していたシンドラーもやがて彼らを救うようになる。

 

僕はこの映画を再度みて人生の選択を迷うようになった。大学に入って経営学や経済学を学ぶべきか、コンピューターサイエンスを学ぶべきか。コンピューターサイエンスを学ぶのは良い給料をもらって働く分には良いだろう。経営学を学べば社長になってもっとたくさんのお金を儲けられるかもしれない。

 

シンドラーのような営業マン的ボジションもいいし、シュターンのような現場で活躍できるポジションもいい。どちらも良いところがある。

 

なんてことを考えるよりはまず目前の英語力をなんとかせねばなるまい。夜寝る時間が遅かったが、今日は割りと定刻に起きることができた。クラスにも一番についてといっても10分前に着いたに過ぎない。それでも誰もいなかった。皆来るのが遅いようだ。

 

昨日よりは授業に専念できた。前日習ったVocabulary。引き続き文章のListeningと、そこで使われているPhrasal Verbsなど。以前のクラスに比べれば難易度は上がっている。ついて行けないことはない。スペイン人とイタリア人でクラスの半数以上を構成しておりアウェー感の中で授業を受けているが、割りと皆話し好きなので授業も楽しく受けられている。

 

そういう意味ではしばらくここで学んでも得るものはたくさんあるかと思う。まだまだ自分が英語勉強が足りないことを自覚させられる。

 

前日

www.byosoku100.com

次の日

www.byosoku100.com