こうして僕らは腐る

ロンドン留学生活、社会批評、英語勉強などの雑記ブログ

PR

【イギリス留学記】63日目(Sat) ケンジントンパレスと高級百貨店Harrodsへ行く。

朝は5時に目覚めた。異様な咳き込みに襲われたためだ。熱が出てないのが幸いだが、体調が思わしくない。薬を飲んでまた寝た。まいったな週明けまでには治ってほしい。

 

昼頃から外にでようと思った。天気は晴れているし週1ぐらいでどこかに行かないと損した気分になる。いつも通りGoogle Mapを開いてまだ見ていない場所を選んだ。

 

今日はあまりガッツリ観光するという感じじゃないので、ささっと見れそうなところを選んだ。V&A美術館の近くケンジントンパレスという場所がある。ハイドパーク内の西側に位置しており、まだ見てはいなかった。パレスというぐらいだから、外周をちょっと見るぐらいで済むだろう、そう思って電車に乗った。

 

ハイドパーク北西のQueensway Stationまで乗っていったが、東西3駅分の距離があるハイドパークの大きさに改めて気づいた。日本の大都市ではあり得ないぐらいの大きさなのだ。

 

f:id:floyd0:20170813085125j:plain

写真を見てもらえば分かる通り、ロンドンのど真ん中に位置しながら田舎のような空が見れる。ロンドンはどこでもそうだが高層ビルがないので空が広いのだ。ハイドパークなどのでかい公園だとなおさら広く感じる。

 

さて歩くと汗を少しかくぐらいの天気ではあるが、風は涼しい。ロンドンの公園のいたるところで寝転がってリラックスしている人々が見れた。

 

ケンジントンパレスにつくと思ったのは、これ宮殿じゃなくね?である。バッキンガムパレスに比べるとただの家感が半端ない。

f:id:floyd0:20170813085701j:plain

 

それっぽい像も置いてはいるが。

f:id:floyd0:20170813085749j:plain

 

チケットを買えば中に入って展示物も見れるが、今はやめとこうと思った。観光客はまあまあいた。パレスという名にはふさわしくない微妙な富豪の自宅感が否めないが、体調の悪い僕にはふさわしいボリュームである。

 

そのあとハイドパーク内を散策した。ハイドパークは何箇所かトイレがあるので良い。20ペンス必要だが、当然支払わずにはいる。最初は遠慮していたが、白人の兄ちゃんが入り口の改札みたいなのを普通に乗り越えてたので、どうでもよくなったのだ。細かい小銭も持ってないしね。

 

f:id:floyd0:20170813090129j:plain

f:id:floyd0:20170813090132j:plain

 

ハイドパーク内は大きい溜池がいくつかあって、そういうところではカモっぽい鳥がたくさん泳いでいる。生まれ変わったらハイドパークのカモになりたい。観光客達がパンとかくれたりするし、めっちゃ安全そうだし、仲間もたくさん。

 

ポケモンGOしながら散策を楽しんだ。アルバート公記念碑なるものがあってそこでぼーっとしたりもした。

 

f:id:floyd0:20170813090854j:plain

あいかわらず記念碑となるとでかい。貴族たちは見栄っ張りが多いみたいだ。

 

座っていると白人の男が何やら話しかけてきた。聞き取れねえ。何か聞かれているか全然わからないけど、NO?と聞かれたからNOと答えた。そうすると近くの女性に同じことを聞いたようだ。女性はフォトを撮って欲しいの?みたいなことを聞き返して、それに応じた。

 

Do you get that的な事を言っていた気がする。写真を撮ってほしいとは全くわからなかったが。take a pictureとかtake a photoとかぐらい言ってくれば気づいたかもしれんのに。いたたまれなくなってそのままその場を離れた。

 

近くの駅を検索して、向かっていったが電車に乗る前にトイレに行きたくなった。そこで駅の近くのマクドナルドに向かったが、その手前になにやら人の出入りが激しい建物があった。ドアを見るとHarrodsと書かれていた。

 

なるほどこれが有名な高級デパートか。帰る前にちょっと見物していくかと思い中に入るとまあ、豪華な感じの内装が見れた。確かに内装は凝っていて豪華だが、品揃えは日本の高島屋にも及ばないし、百貨店というには小さい。

 

かっこいい天井

f:id:floyd0:20170813091540j:plain

f:id:floyd0:20170813091548j:plain

 

デパ地下的なフードコーナーはいつか食べてみたい。

4Fには家電コーナーがあったがどれも1000ポンド以上のものばかりであった。テレビの展示はサムスンとLG。日本からはSONYPanasonicの製品が置いてあったがスペースは特に広くはなかった。そもそも品揃えが良くない。

 

後はCHANELやらなんやら有名ブランドの服が置いてあったがこれも普通の百貨店って感じだ。客層は4割ぐらいヒジャブ被ったイスラムの女性に思えた。中国人よりもはるかに多いのだ。やっぱ中東オイルマネーの国から来ているんだろうね。

 

そういう人たちはメイクバッチリだったりするし、ヒジャブかぶらない中東系の人はやたらスタイルの良い美女だったりした。商品より彼女ら眺めている方が良い。高級なサングラスを身に着けているみたいだし、いかにも金持ちだ。

 

なんだかんだ散策していたら夕刻になっていたので、電車で帰った。今年の留学中にやり残すことが多くなりそうだ。

 

金貯めてまた来たらHarrodsの店舗で食事したいと思った。

 

一食100ポンドぐらいしそうだが。

 

 前日

www.byosoku100.com

 

次の日

www.byosoku100.com