こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

【イギリス留学記】74日目(Wed) 英語の道のりの長さは異常

授業はいつもと違って3人一組で椅子を向かい合わせてSpeaking中心だった。

 

仕事に関する英語だとか、resumeで使われる定型文など。

 

さらに発音。言語によってはアクセントがフラットだ。特に日本語。だが英語はリズミカルな言語だから、常にアップダウンを意識せよとのことだった。

 

僕はそう言われた時ストリートしゃべる一般人ってそんなにリズミカルかなあと心の中で思った。

 

海外で働くメリット、デメリットというテーマのビデオを見せられた時理解した。

 

何人かの人たちが海外での働くメリットやデメリットを語っていく映像だ。

言っていることはなんとなくわかった。

 

グレッグ先生は「最後の男性をどう思った?彼は英国人だがフラットな話し方で退屈だ。誰も彼の話に興味をもてない」

 

英語における大事なポイントだそうだ。リズミカルに強調する単語を選びながら話すことで何が大事かをアピールできる。だから相手も興味を持つ。

 

intermediate classはやはり会話という点では皆上手くなくて同レベルだ。

イギリスで働くハンガリー人のインタビューを授業で見せられたが、これがまたネイティブじゃないかってぐらい上手い。イギリスで働いて4年ぐらいだが非ネイティブでもこれぐらい上手くなれるんだと驚いた。

 

「彼女はリズミカルな英語だ。イギリスに4年住んでいるし、何より働いている」

ああこれが大事なことなんだな。働いているとやはり英語が良くなるらしい。

 

何にせよ強制的に会話とListeningをすることになるから。

 

クラスにいるスペイン人やイタリア人もよく聞けばボキャブラリーが少ないし、ナチュラルに色々話せることも限られている。

 

これが現実か。まだまだ足りない。

 

だがこれは始まりなんだ。今やらなければ、そしてやり続けなければ永遠に日本で留まることになる。

 

頑張らねば。

 

前日

www.byosoku100.com

次の日

www.byosoku100.com