こうして僕らは腐る

ロンドン留学生活、社会批評、英語勉強などの雑記ブログ

PR

【イギリス留学記】76日目(Fri) アジア人で飲みに行く

今日はイタリア人のジュリアが最後の日だった。彼女もまだ大学生だったことに驚きだ。国に戻って授業が始まるらしい。

 

金曜日は恒例のテストの日。ドバイのモナやスペインのアレクシスは授業をサボっていた。テストとなるとサボる人たちが結構でてくる。

 

僕は2周ぶりにテストを受けた。先週はハイドパークピクニックで僕は欠席した。先々週は風邪で休んでいた。今週は毎日授業を受けたが、テストは60%ぐらいだった。

 

結構ひっかけ問題が多くて困る。細かい勉強はまだまだ足りないなあ。

 

テスト後はIFとUNLESSを学んだ。これはConditionalsと言われる。とりあえず基礎だけ習ったが、家でも勉強していたところではある。

 

香港から来たパトはグレッグ先生に不満があるようだ。彼女は毎日、午前と午後の授業を受けているから随分疲れているようだ。

 

僕が思うに語学学校に行くなら午前授業だけでも十分に思う。自主勉強の時間や観光の時間を取った方が有意義だ。毎日通うだけでも疲れる。

 

台湾のリー君から夜にバーに飲みに行こうと誘われた。僕はOKして家に帰った。

 

 不規則な睡眠で、昼過ぎになるとひたすら眠くなる。帰ってしばらくすると爆睡である。起きたのは夜9時だった。ちょうどそのタイミングでリー君からメッセージがあった。自分たちはSOHOあたりにいるけど、何してんの、と。

 

すぐ行くと行ったが、若干めんどくさくもあった。バーも以前行ったことがあるところだったし、でも返事した手前行くことにした。

 

Bar SOHOというところなのだが、以前にも行ったことがあってエロいねーちゃんがいるところなのでそこは個人的に好きだった。ところが僕が行くときには5ポンドの入場料がいるということだったので、気を利かしてリー君が違うところに行くってことになった。本当に良い奴だな。

 

で、結局入場料無料のゲイバーに行くことになったが、実はあんまりここが好きじゃない。集まったメンバーは完全にチーム東アジアって感じ。中国2台湾2そして僕。

 

最近思ったけどイギリスっていろんな種類のビールがあって結構うまい。

 

「日本のビールで何が好きか、アサヒが好きだ。アサヒとキリン」

リー君は言った。

「それしかないな。イギリスの方がいろんなビールがあるねえ」

と返した。

 

さすがの台湾人というか、東アジア系はかなり日本について興味があるらしく日本語も単語だけど喋れたりする。アジア人だけだと気兼ねしなくていいね。

 

リー君が僕にロンドンに来て髪を切ったかと聞いた。実のところ僕は2ヶ月半も切っていない。勇気が出ない上に、絶対失敗することがわかっていたからだ。

そんなことを言うと、リー君もそろそろ切りたいけど、友達がロンドンで切って良くなかったから切りに行くか迷うと。

 

散髪は地味にアイデンティティっぽいところがあるから難しい。ただ僕の髪の毛はボッサボサになっているし鬱陶しいからそろそろ切ろうか迷っていた。

 

やはり明日切ろう。

土曜日だし次のフラットに引っ越すし、ロンドン生活第2部ということで切ってしまおう。

 

12時頃になりゲイバーが閉まるので僕らもそれぞれ家に帰った。

 

家に帰る途中の電車内でピンク色のワンピースを来た白人女性が車内で歌いまくっていたのが印象に残った。なぜか周りの女性も囃し立てていた。

 

フリーダムかよ。

 

 

 前日

www.byosoku100.com

 次の日

www.byosoku100.com