こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

【イギリス留学記】91日目(Sat) The Wallace Collectionに行く

週末になると良い天気になるのが、ロンドンは奇跡的である。

超快晴。こんな日は外に出るしかあるまい。

 

例によってGoogle Mapを開いてサクッと見れそうな観光地を探した。

美術館のWallace Collectionというのがある。ホームページによると入場料無料らしいし、ボンド・ストリートまで電車一本なのでそこに行くことにした。

 

涼しくていい天気。気分も上がる。

ボンド・ストリートは中々人通りが多い。ロンドンはどこでもそうだがメインストリートはそれなりに人がいるが一本道を外れるとあまり人がいなくなる。

 

平野部の広いロンドンならではだろう。大阪や東京なんかはとにかくどこでも人が多い。ロンドンは大都市だがまるで日本の地方都市ぐらいの人通りに感じさせる。

 

ボンド・ストリートから歩いてすぐのところにあったぞ。

簡単に言えば昔の金持ちのコレクション展示やね。

f:id:floyd0:20170911004952j:plain

f:id:floyd0:20170911005003j:plain

 

豪華の絵画とソファーなど。

f:id:floyd0:20170911005024j:plain

調度品のコレクションも充実だ。

f:id:floyd0:20170911005030j:plain

他の貴族の屋敷と違って武器がやたら充実している。

f:id:floyd0:20170911005127j:plain

良いな、と思ったのは甲冑と馬の鎧がまるごと展示したあったところだ。

f:id:floyd0:20170911005135j:plain

王冠まである。

f:id:floyd0:20170911005224j:plain

 

このだだっ広い空間では、スタッフが解説をしたりするときもある。

f:id:floyd0:20170911005236j:plain

 

ロンドンの中心地にあるし、貴族の雰囲気を味わいたいなら是非行ってみるべき場所だ。すべて無料だし、かなり広い。

 

レストランも併設してあり、中庭で食事を取るのもいい。

 

イギリスのおしゃれスポットて感じが満載だ。

 

前日

www.byosoku100.com

次の日

www.byosoku100.com