こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Userなんだって、このブログがバズる速度。秒速100User

PR

【イギリス留学記】104日目(Fri) 屈辱の日。英語勉強不足を見透かされた気分だ

僕の通う語学学校は12周間で一学期って感じになっている。

12周間で予定された授業を一通り終える。

 

そして今日がその日である。

 

グレッグ先生は今日までIntermeditate担当となって、来週からはBasicクラスとかに移動になるそうだ。彼はちょっとつまらないって顔をした。

 

彼に言わせると一番下のクラスは12週間で相当レベルが上がる。そのため見ている分には楽しいが、当然ほとんど何も話せない人達が集まるわけで、教師としての楽しみは中々ないかもしれない。

 

さて金曜日は恒例のテストだ。思った以上に難しいテストで7割ぐらいしか取れなかった。

 

昨日、リー君からメッセージでクラスのレベルが上がるよう祈っているよ的なことを言われた。

 

だが僕はクラスのレベルが上がることはなかった。

 

だが同じクラスにいるリー君の姉とフランス人のマリアンはupper intermediateにランクアップした。

 

僕はそれがあまりにも辛かった。

 

以前僕がランクアップした時期を思い出せなかったので、このブログの留学記をチェックすると、41日目にランクアップしていた。

 

それから63日。ほとんど2ヶ月も立っていた。

確かに最近英語勉強に対する熱が落ちていた。

一時帰国から戻ってきて1週間図書館にも行っていない。

 

留学している人たちのブログを見たりしているだけだった。

BBCのLearning Englishは結構聞いていたけど宿題以外のGrammarの勉強はしていなかった。半ば諦めていたのだ。

 

結局グレッグ先生には認められることなく、1サイクルが終わったのだ。

 

僕の残りの日数は51日。

 

まったく上に上がろうなんて思わなくなってしまっていたわけで、自分の悪い癖が思いっきり出てしまった。

 

いつだって段々モチベーションが下がって有耶無耶になってしまう。

 

一日一日を大事にしなくなっていた。

 

これほど悔しいこともない。

リー君の姉がクラスに来たのは、72日目の留学記に書かれていた。

つまり1ヶ月ほどで彼女は上のクラスに認められたのだ。

 

僕が1ヶ月前に通るべき道だった。

 

そう考えると僕の勉強態度はダメだな、と心底思った。

 

来週からは全力を出してキャッチアップしよう。

 

とにかく1週間でランクアップできるようにアピールしよう。

 

以前入ったばかりのイタリア人が英語がうまかったので次の日から上のクラスに行ったこともあった。

 

来週の月曜日から来る新しい先生にintermediateじゃ足りないぜ?っていう感じで頑張ろう。

 

残り50日ほどで何とかブッチギれるよう頑張りたい。

 

前日

www.byosoku100.com

 

次の日

www.byosoku100.com