こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

【イギリス留学記】107日目(Mon) 新しい先生と最初の授業

昨日の夜は随分遅くまで起きていてしまった。

 

週の最初だというのに大幅に寝坊した。だがギリギリ間に合うかもしれないと思って家を出た。

 

結果的に9時過ぎに学校についたが久々に走る羽目になった。

 

ハナ先生はブロンドの女性でぽっちゃりである。白人って太ってても顔は小さいからすごい得だよな。

 

彼女は北部出身で、癖のない英語を喋る。聴き取りやすい。

 

授業もクセが全くない。本当に普通の教師って感じだ。

12周のサイクルが終わって初めての授業はかなり簡単な内容だった。

 

あまりにも退屈だった。休憩中にベネズエラアルマンドも不平を言っていた。

 

だがどのクラスもそのような授業内容だったらしい。

あまりにも低レベルだからこれはちょっとやりがいがないな、と思ってしまった。

 

久々にスピーキングクラスも受けてみた。

 

motivationというテーマでペアで会話する。担当の先生は常駐の先生ではなく、臨時で来た人のようだ。かなり年を取った男性のようだが、落ち着いた喋り方をする。

 

何がmotivationにつながるかで、配られたペーパーの中に書かれた設問を読んで答えを選ぶみたいな授業だ。

 

まあ悪くはなかったがペア相手がいつも授業を一緒に受けている人なのであんまり新鮮味には欠けたかなと思った。

 

放課後はコスタコーヒーでちょっとばかりPhrasal Verbの勉強をしたが全く覚えられるきがしない。最近消費が激しくなってきた。

 

先生が定期的に変わるのはいいことかもしれない。

 

前日

www.byosoku100.com

次の日

www.byosoku100.com