こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Userなんだって、このブログがバズる速度。秒速100User

PR

【イギリス留学記】109日目(Wed) 見たことがないくらいクソUIのOyster Card

最高にヘマをした。

 

+18 Students Oyseter Photo Cardというのを使っている。簡単に言えば学生定期だ。

1ヶ月ごとWebで購入しているが、学校にいる期間が1ヶ月を切ったので、残念ながら1ヶ月購入ができなくなってしまっている。

 

そのためめんどうくさいが1週間ずつ購入していた。当然微妙に割高である。

今は10/18まで使えるので、追加購入しておこうと考えた。

 

僕はミスをして25日から開始日を指定してしまった。10/25-10/31までの利用で追加購入したのだ。なので10/19-10/24の中途半端な空白期間ができてしまった。

 

OysterCardというのはちょっとややこしい。カードは1つだがそこに利用期間を設定するようになっている。期間を決めてwebで支払えば、指定期間と指定Zoneの駅は乗り放題となる。

 

このTravel Cardという課金方式は、1週間、1ヶ月、3ヶ月、1年というような購入方法となっており、中途半端な期限は購入できない。あと重複日時が含まれていると購入はできない。さらに一度購入してしまうとキャンセル方法がほぼないというものだ。

 

なんとかして購入取り消し方法を探したが、web上ではできなさそうだった。

 

もう一つの課金方法はPay As You Goというもので、指定した金額を支払うとカードに金額が保存され、使った分だけ引かれていくタイプ。分かり易いがさらに割高である。1日あたり6.6ポンドでZone1-Zon2を乗り放題になる感じ。

 

1週間23ポンドでZone1-Zone2まで乗り放題だが、1日毎でPay As You Goで乗ると6日間で37ポンドぐらいかかることになる。腹立たしいミスである。

 

支払った後、カードを有効するには指定した駅の改札でタッチするというものだ。僕は最寄り駅を指定駅としている。

 

キャンセルするには指定した日時が過ぎるまで改札でタッチしなければいい。だがその場合お金が払い戻されるわけではなさそうだ。僕からすれば毎日登校するために利用している駅なので、そこを無視するということは難しい。

 

必然的に定期を設定していない空白期間ができてしまった。

 

更に悪いことが起こった。キャンセルするためにOyster PhotoCardのサイトをくまなく調べていると、Oyster PhotoCardを新しく注文するというリンクをクリックしてしまった。

 

僕はすでにカードを持っているので、必要ないため画面を戻った。

するとどうだろう、今までの利用情報が見れなくなってしまった。

 

一旦ログアウトして、再ログインしても同じだ。

まだ手続きが終わっていませんよ、というような警告文があってその下のリンクをクリックすると新しいオイスターカードを注文するための情報入力画面が出て来る。

 

それ以外に何もすることができなくなってしまった。ありえないほどダメな設計だ。

 

僕は腐ってもWeb系のエンジニアなわけだが、こんなひどい作りのWebサイトは見たことがない。たった一度クリックしただけで、2度と戻れない設計にするとかどうなってんだよ。

 

これで僕のアカウントでは課金することができなくなってしまったようだ。まだ定期の期間があるため少し様子を見るがどうも絶望的な状態だ。

 

まさか今までの課金データが消えていないかと、試しに最寄りのバス停で使ってみたが普通に使える。新しく課金することができなくなってしまっただけのようだ。

 

10/19-10/24と11月からの電車賃は普通のTravel Cardなんかを購入せざるをえないようだ。学生割引がきかないのでつらい。

 

Oyster CardまわりのUIはなぜかキャンセルさせにくい作りになっている。自己責任の国イギリスっぽいが、初見殺しすぎる。

 

 

イギリスに来た時はありとあらゆるキャンセルの難しさに注意すべきだと思った。

 

前日

www.byosoku100.com

次の日

www.byosoku100.com