こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

【イギリス留学記】112日目(Sat) How I Met Your Mother

土曜日だが天気が悪かった。曇り空が広がっていて寒い日だった。

 

語り手である主人公が昔を振り返り、子どもたちに2005年のアメリカの生活とどのようにして君たちのお母さんに出会ったかを説明するというスタイル。

 

Season9まであり、Netflixですべて公開されています。

英語勉強のために色々とドラマに手を出すのですが、英語字幕英語音声だと非常に難しい。

 

例えばSUITSとかBig Bang Theoryだとかも見てみたけど、英語のスピードと内容がついていけないレベルで難しく、英語勉強にならないなあと思った。

英国の人気ドラマLINE OF DUTYも英語だと半分ぐらいしか理解できないぐらい難しいし知らないとわからないフレーズがバンバン出て来る。コップの中の嵐、とかね。

 

だがHow I Met Your Motherはスピーディだけど理解ができるレベル程度ではある。

 

日本でも人気のフレンズに比べると面白さはイマイチだが、フレンズよりも現代に近いので極端な古臭さみたいなのはなかな、と思う。Season1は2005年なのでまだガラケー使っているけど。

 

キャラとしてはフレンズよりも気取った感じがするのがつらいところだけど、バーニーは面白いキャラだ。

 

ただ話を進むに連れて、現実のアメリカ人達がこれぐらいのスピード感で喋っているかと思うと絶望してくる。

 

このレベルでないと英語圏のネイティブ達の仲間には入れないんだろう。

 

このスピード感を体得するためには、継続してListeningする必要があるなあと思った。

 

発音の強弱が本当に本当に難しい。ほとんど発音していないだろうと思う単語と強調している言葉の落差が激しい。何にせよ、このレベルである。

 

継続こそ力なり。英語で流暢にしゃべるために3年ほど尽力してみよう。

 

前日

www.byosoku100.com

次の日

www.byosoku100.com