こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

【イギリス留学記】122日目(Tue) FCEクラスに移籍。南ヨーロッパ女子方とランチに行く。

今日からFCEクラスというところに移籍した。

僕は昨日までIntermediateクラスだったが、もっと難しいらしい授業を受けるチャンスに恵まれたのでこれ幸いと飛びついたのだ。

 

FCEとは First Cambride Englishの略で、テストの名前である。

よするにTOEIC的なものであるが、イギリス主体で運営されているテストだ。

 

イギリスの大学によってはこれを受けて指定の点数を取らねばならないらしい。

いずれにせよIntermediateよりは難しいらしいので、テストは受けないが参加した。

 

これは先週の木曜日に、スタッフ二人がやってきてFCEコースに興味がある人はただで移籍できるよ、みたいなことを我々のクラスの皆に言ったのだ。そこで僕はさっくりと申請した。

 

結論として、移籍は成功だった。クラスは僕含めて5人しかおらず、その5人とも僕よりListening力もSpeaking力も高そうな感じだった。Intermediateに蔓延る素人とはわけが違いそうだ。

 

先生も相当Speedyな英語で久々に狼狽える回数が増えた。

授業もGrammarだけでなくSpeakingとListeningに時間を取り、Grammarはわかっている体で一気に教える。中々いい感じの授業だった。

 

英語を鍛えるのに大事なのは、自分が少し混乱したり聞き取れないスピードで話される環境に身を置かねばならない。教師の発言をすべて聞き取れるようになったなら、そのクラスは卒業すべきだと思う。残り1ヶ月ほどはこのクラスで過ごすのだろうが、良い経験になりそうだ。

 

授業が終わり、香港人のパトや他のクラスメイトに授業のことを聞かれたのでオススメしておいた。彼らは下のレベルだとすでに満足できなくなっているらしい。

 

余韻にひたりつつ、家に帰ろうとするとスペイン人のディディと出くわした。彼女は何故か僕に好意的で色々と誘ってくれるのだが、皆でランチに行くから来ないかと言われた。なんだよ、僕にホの字なのかよ(古風な表現)なんて思ったけど、彼氏持ちである。

 

こういう時、小躍りしたくなるくらい嬉しくなる。

 

さて僕らはスペイン人のミリアンとフランス人のジェイドの4人でランチに行った。フィッシュアンドチップスが置いてあるような普通のパブである。ちなみに3人共女性だ。なんだか女子会に参加するみたいで気まずいが、ディディは君はセーフティだからOKみたいなことを言う。どんな印象を持たれているんだ。

 

まあ、女子というのは国を問わずよく喋る。ディディもミリアンもマシンガントークだ。僕以外の3人はロンドンで働いている。EU市民Visaってほんと羨ましい。

 

色んな話を聞けた。例えばスペインだと1ヶ月24日、8時間働くが、時給はせいぜい4ユーロぐらいなんだと。恐ろしいほど安い。

 

稼げてせいぜい13-14万程度でこれは日本の地方レベルでしかない。EUを日本と捉えるならスペインはせいぜい地方といったところなんだろう。

 

ディディはカタルーニャ出身だが、最近の独立騒動には反対らしい。ミリアンはスペインのラホイ首相がイディオットで恥ずかしいと言っていた。ジェイドはフランス大統領マクロンをバカだと言っていた。

 

僕は思想的に安倍首相は好きでないが、経済状況を見ると悪くないのかもしれないと思っている。難しいところだ。

 

その他ジェイドはコルシカ出身で、僕はそこがナポレオン・ボナパルトの出身地だと知っているからそのことを言うと、北コルシカの人たちは皆ナポレオンが嫌いだという。彼はコルシカ島をイギリスに差し出したから、嫌われていると。

 

知らなかったので家に帰って調べると、ナポレオンはコルシカの独立派パオリの副官だったらしい。当時ジェノバ領だったコルシカをジェノバがフランスに売却し、フランス領地になっていた。ナポレオンは若い頃コルシカ人というアイデンティティを持っていて、フランスから開放したがっていたらしい。

 

そこら辺が売国的な人間という扱いになっているのかも。ジェイドの言った、ナポレオンはコルシカをイギリスに変えようとしたという言葉が引っかかってしまった。

 

そんな複雑な歴史があるのか、と。お互い英語力が低いと歴史議論などはできないからもどかしい。だがナポレオンはコルシカ独立勢力に手を貸そうとしていた時期があったのは確からしいがそれ以上はわからなかった。

 

10ポンドほどでランチとドリンクセットだったがよく考えれば1500円ぐらいかかってるわけでつらい。

 

ちなみにジェイドによるとウェイトレスの給料は7ポンドぐらいらしい。

200時間で21万円くらいの給料かー。ロンドンの物価考えると日本と生活水準は変わらないかもしれないなあ。

 

とにかく移民達との会話は面白くて良い。

 

ディディという友人が見つかって感謝だ。

 

前日

www.byosoku100.com

次の日

www.byosoku100.com