こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

【イギリス留学記】126日目(Sat) 朝まで飲んでヘベレケになる。ブルゲーという謎の食べ物

学校の飲み会イベントは定期的にある。

金曜の夜からイベントだった。

 

いつものバーでイベントだったのだが、夕方のクラスの生徒達が多かった。

香港から来たパトや遅れてリー君ら姉弟とディディがやってきた。

 

入り口側の席でビールやらカクテルを飲んで楽しんだ。

 

台湾から来たファンヤオも割りとあっさりと仕事を手に入れたらしい。

時給は9ポンド、日本円にして1350円ってところか。

 

もちろんそこから税金が取られる。手取りは8ポンドかそこらぐらいになると言っていたと思う。1週間で40時間働き4週間で1280ポンドの手取りとして日本円なら19万2千円ほど。

 

ロンドンの物価を考えるとかなりきついなあ。

フラットで1周間150ポンド、4週で600ポンドは使う(光熱費込)。定期130ポンド、携帯20ポンド、と考えると750ポンドが消える。残り530ポンド。自炊を頑張れば週40ポンドで4週間160ポンドほど。

 

残り370ポンドで4週間ごとの交遊費を賄う感じになる。

 

370ポンドといえばだいたい6万いかないぐらいか。

 

むー。ワープア感はあるけど、僕は食費込みで400ポンド以下でやっていることを考えるとやっぱ労働は正義だな。

 

ディディが酒好きすぎて、僕も日本にいる時みたいに飲んでしまった。

ハッピーアワーだと1杯の値段で2杯のビールが買えるのでついつい酒が進む。

 

いい感じの流行りの音楽が流れてたし、踊る酒のむを繰り返していた。

 

パトはもうすぐ僕が日本に帰ることを知っていて、またロンドンに戻ってくるのかと言った。僕は2年以内にロンドンの大学に入りたいと言ったら、彼女はきっと夢は叶うよ、と言ってくれた。

 

中国人も台湾人もやっぱりいいヤツはいいヤツなのだ。

 

来年は金銭的な理由で大学には入れないだろうなあ。

だが2019年にはロンドンに戻りたいなあ。

 

何にせよ、日本の安定がわからない今、リスクヘッジは常になされるべき。

 

DJブースの前でノリノリになって白人のネーチャン達と踊ってたら、ディディがやってきてちょくちょく飲む。さらにドンドン酔が回って、また踊るを繰り返して気づいたら朝の3時ぐらいになっていた。

 

そのままディディと駅の近くまでいったが彼女がブルゲーを食べたいとか言い出す。酔っ払ってんのか何いってんだと思ったが、彼女はブルゲーを食べたいとしきりに言う。

 

そこでLester Squareあたりをうろついて、ブルゲーを売っている店を探したのだが、そもそもブルゲーってなんだ。

 

彼女がマクドナルドをさして「しまってるー」と残念に言った時にようやく気づいた。

ブルゲーとはBurgerのことだった。要するににハンバーガーが食べたいと言っていたのだ。

 

スペイン語は基本ローマ字読みなので、ブルゲーというのだう。

 

だが結局ブルゲーは食べられる場所がなかったので、ピッツァ屋さんに入って10ポンドのマルガリータを二人で分けて食べた。

 

そのまま駅で分かれたが、とにかく酔っ払って涼しい風に吹かれて帰るのは悪くはなかった。

 

だが一晩で60ポンド使ったのは現状の僕には結構な出費だった。

正気を失うと本当に出費が激しくなるね。

 

 

前日

www.byosoku100.com

次の日

www.byosoku100.com