こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

みんな結婚しないのは両親の夫婦生活の苦労を知っているからでは

結婚する人が激減していると言われ始めてから久しい。

少子化の原因でもあるとされている。

 

よく言われるのが収入が減ったということだ。当然それもあって結婚はしないという人が多い。あるいは自由恋愛になってからモテナイ人たちがパートナーを獲得しづらくなったとも言われている。

 

果たしてそれだけが理由だろうか?

他の理由も考えられる。

 

思うに両親の夫婦中というのが実はイマイチというご家庭は多いのではないか。息子なら父親を見て、娘なら母親を見て、こんなにも苦労するのかと思うことは多いと思う。

 

母親がヒステリック気味な家庭は割と多そうだ。息子は大事にしても父親には不満たらたら。そんな姿を見ると、息子でいるのはいいが父親になるのは尻込みする。あるいは嫁をすごく選別してしまう、ということが起こりうるのではないか。

 

逆に娘の立場でも父親がぐうたらして家事もしないなんて姿を見たら、将来自分も母親のように子供と旦那の両方の世話をしなければならないと思うのではないか。

 

もちろんその逆もしかりで、母親が素晴らしすぎる、父親に頼りがいがありすぎる結果パートナーに過剰なスペックを求めてしまうということも考えられる。

 

文句一つ言わずにせっせと働く母親を見てしまえば、ヒステリックで家事もしたがらない嫁を欲しいとは思えないだろう。優しくて頼りがいのある父親に育てられたなら、パートナーがそうでなければ幻滅してしまうかもしれない。

 

そういった経験の中で晩婚化が進んでいるように思う。それでも一人で生きていくよりは、子供が産めなくなる前にチャレンジしてみようとなるのが30-35歳ぐらいの年齢なのではないか。

 

そのような幻想が冷めていくのが30代という年齢であるならば、我々にとっては随分と遅い成長だろう。

 

子供を育てる体力や気力が衰えてから人生の酸いも甘いもを知ってパートナーに配慮できるようになったとして、それは遅すぎるわけではないのだろうか。

 

今はまだそれがわからないのさ。