こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

【イギリス留学記】136日目(Tue) 英文を作る演習とFCEクラスのレベルの高さ

本日の授業はPhrasal VerbsとIf文の勉強をした。

 

少し違った授業

いくつかのPhrasal Verbsを使って文章を作って紙に書く。

だがあえてPhrasal Verbの部分は空白でスペースを作っておく。

 

そこでその文章を書いた紙を壁に貼り付けるのだ。

そこでどのPharsal Verbsがそこに入るかを他の生徒に当ててもらうというものだ。

最低3つのセンテンスを書くという条件だ。

 

だがこの課題について説明されているとき、ぶっちゃけ何言っているのかわからなかった。

 

僕は壁に紙を貼り付けるから、それみて3つの文章を考えろとかそういう説明されているんだと思った。

 

説明が終わって皆が文を考え始めた時「あれ、なんかおかしいぞ」みたいに思って、先生が話した言葉を解釈して皆がやっていることと合わせて、ようやく文章つくるんだ。

 

そういやスペースを開けろとか言ってたきがする。ようやっと、3つの例文を書いた。僕の友人が死んだことを思い出しながら、それを例文にしてみた。

 

で答え合わせのときに、最初どういう意味かよくわからないと言われたが、3つの文章が一つのストーリーになっていると気づいてもらった時に、いい文章ねえと言われた。

 

FCEクラスは僕が一番ダメダメなんじゃないかってぐらいListeningが微妙な時がある。集中してないとあっという間に何してんだ今、ってなる。周りの英語レベルも高いし。

 

キャッチアップしないといけない環境の方がやっぱいい。

 

ところでベネズエラアルマンドは文法的なことがイマイチで、多分Listeningもあまり出来てない感じだった。人のことは言えないが、隣同士座って今何してんだろってなる時が結構ある。僕らIntermediateからの移籍組はちょっとLevelが高すぎた感じだ。

 

僕は多少文章構成とかSpeakingで上手いことやったが、アルマンドは何度も「ちゃんと起きてる?」と先生に言われていてバツが悪そうだった。

 

先生は結構厳しいし毒舌っぽいところと短気なところがすごくある。出来ない生徒とかは容赦ねえ発言をするような。アルマンドのおかげで僕が一番ダメって印象は与えられていないけどテストはかなり点数が悪いしヒヤヒヤしている。

 

Upper Intermediateから来たイタリア人マリッツァもListeningも文法も僕よりできる感じだし、やっぱりクラスのレベル分けはちゃんとしているんだなあと思った。

 

だからこそやりがいがあるってもんだけど。

 

前日

www.byosoku100.com

 

次の日

www.byosoku100.com