こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

【イギリス留学記】139日目(Fri) FCE模擬テストで良い結果をとる。成長の実感を感じる

金曜はテストの日。

朝から憂鬱だった。

いつもより早い時間に起きたが、スマホいじってダラダラしていたらあっという間に登校時間になった。ちょっと遅れるぐらいの時間帯になり、急いで家を出た。

 

ちょうどいいタイミングでバスが来たので乗り込んだ。最近はバスを待つのが面倒で、歩いて最寄り駅まで行っていた。

 

バスの中で急に腹が痛くなり「これはやばいな、駅前の図書館でトイレしないと電車に乗れない」と思ったが、時間的にかなり切羽詰まっていてテストに間に合うか心配になった。

 

図書館は8時から開いているので、急いでトイレに駆け込んだ。

最近のロンドンはめちゃくちゃ冷えるので、油断するとお腹がやられる。

 

電車に乗るときも列をなしていて、2本待つ羽目になった。間に合うかどうかってかんじだったけど、ギリギリなんとかなった。

 

Victoria Lineに比べると Jubllie Lineは混雑しすぎるきらいがあるな。

"City"に直結しているから仕方ないのかもしれないが。

 

テストは相変わらずの難易度だった。Readingに1時間15分。大問7をこなすのだが、後半3つは長文読解。前半3つはボキャブラリーなどである。

 

僕は前回の低得点の反省を生かして、すぐに結果のでるvocabulary対策をしていた。

特に動詞を名詞や形容詞に変更する問題は即効性があるので勉強していた。そこだけでも8問中5問まで正解できた複数形のsを忘れなければ6問まで正解できたが仕方ない。

 

大問7の4つの文章読解及び、質問にマッチする文章をを選択するという問題も7割ほど取れた。結果として前回の倍以上に点数が伸びた。周りの点数を聞くにクラスでトップで6割ほど取った韓国人のムンだけだった。僕は5割近くだったので平均より上では合ったと思う。追いついた、と思った。ていうか5割取るのが難しいテストってなんだよ。

 

Listeningはひっかけ問題を意識しすぎないことに注意して、聴き取れたことを素直に解釈した。おかげで13%ほど点数が伸びた。

 

報告する時は嬉しかった。いつも厳しいHolly先生も「Much Much Better」と笑顔で言ってくれた。僕も誇らしかった。先生にとっても良いことだろう。教えてもレベルが上がらないのは先生だってつらい。毎日の勉強は何だかんだで結果につながるんだと確信できた。

 

いい週末を送れそうだ。

 

前日

www.byosoku100.com

 次の日

www.byosoku100.com