こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

知り合いのAV女優が結婚した

ほぼ100%の男性が日常的になんらかのAVにお世話になっているのではないだろうか。

 

見なくなった人がいるとしても、見たことのない男性はいないだろう。

 

DMMなんかを検索すればなんでこんなにあるの?ってぐらい大量のAVが存在する。今月の新作ってだけでも何十本とある。有名になった人もそうでない人もいるが、大抵は全然知られていない人だ。僕はあまり有名女優のAVは見ない。なんか惹かれない物が多い。

 

さてタイトルについてだ。ほとんどの男性はAV女優の知り合いなんていないだろう。僕には一人だけいる。非常に珍しいことだと思う。彼女とは今はもう疎遠になっているが、数年前は普通にやりとりしていた。

 

彼女は付き合っている男性の住んでいる地方へと引っ越した。僕が田舎で暮らしたいなあなんて言った時に、「彼女は都会でしか暮らせない、おいしいフレンチもイタリアンも化粧品買うところもないところにはいけない」と言っていたが、運命の人に出会ったのだろう、あっさりと地方へと引っ越した。

 

彼女とはどこで出会ったのかというのは詳細は伏せておこう。だが普通の出会いだとは書いておく。風俗店勤務やキャバ嬢というわけではない。水商売とは無関係な場所で出会った。僕が最初に知った時の彼女のステータスはOLだった。

 

何故彼女がAV女優だと知ったかは、本当に偶然だったのだ。たまたま知ったのだ。極めて偶然に。自分一人では知り得なかっただろう。詳細は伏せる。だがそれを知り得てしまった。

 

1-2年ほどは親しいやりとりをする仲だったが、彼女に彼氏が見つかった辺りからあまりやりとりをしなくなった。お互い一人身だったから仲良くできたが、彼女の比重は当然彼氏に向けられるし、共通の関係性もなくなったから疎遠になった。

 

AV女優と知ったのはその後だ。だから彼女は僕がそういうことを知っているとは気づいていない。僕もそれを知った後には連絡をしていない。このことは誰にも言っていない。

 

彼女は僕なんかよりもはるかに波乱万丈な人生を歩んでいた。人生の一部を僕に打ち明けたのはそれなりに親密だったのと、僕のつまらない観察力のせいだ。

 

僕は彼女のリスカ後に気づいたし、その所作から元キャバ嬢だろうなということに気づいた。水商売をこっそりやっている人は山ほどいるので僕はそれに対してどうとも思わなかった。

 

だがAV女優だったのは驚きだった。偏見に支配された想像と違ってスれていないし、なんだったら誰からも好かれる雰囲気の良いタイプだった。他の人は彼女の人生をおそらく知らないだろうが、僕は例えば片親で寂しい思いをしたとか、薬物、高級ホステス、中絶、あるいは元カレとのひどく破綻した生活時代なんかを知っている。

 

おおよそ不幸とも言える人生のように思えるが、彼女はそれを後悔していないし、スれていないというのがすごかった。ごく普通の友人関係も持っていた。

 

僕はと言うと10年もプログラマとしてほとんど同じ生活をしていた。彼女と疎遠になってもそれは変わらなかった。だが時代は残酷だ。SNSではまだ僕と彼女はつながっている。彼女は相変わらずの様子でハネムーンやあれだけ嫌っていた虫の多い山や海に囲まれた田舎暮らしの幸せをアップしている。結婚式はしないらしい。

 

壮絶な人生の果についに幸せをつかんだ。

妊娠もしているようだ。良かったなあ、と思った。

 

彼女は率直に言って超マイナーAV女優だ。作品も数作しかない。デビューしたのは僕と出会う1年前ぐらいだ。知る限りではすでに破綻したアウトローな生活から脱した後のはずだ。だが彼女はOLとして働きながらたまにAV出演するという生活を続けていた。お金がなかったのだろうか。

 

彼女の作品は率直に言ってつまらない。だけどメイクを変えて違った雰囲気を出そうと努力しているところが見られて、なんかほっこりした。そういうところは気にするんだな、って。随分とリスキーなことをするなあとは思った。現に僕にはバレている。

 

旦那さんは愚直な人のようだ。収入もそれなりにありそうだ。イケメンではないが優しそうな年上のおっさんって感じ。リスカ後があるからおそらく彼女の人生の壮絶な一部は打ち明けているだろうが、AV女優だということを知っているのだろうか。知っていたら結婚したのだろうか。知った上で結婚していて欲しいなあって思う。

 

ちょっと考えてしまった。自分の嫁が中絶、薬物、AV出演経験者とは中々お目にかかれないだろうが、そういう人に知らずに運命を感じたなら、と。知らなければどうとでもなるが知ってしまったら、と。だが性格は素直でさみしがりや、それでいてひねくれてもいないし、ややこしいタイプでもない。料理もできる。ルックスも良い。

 

男はパートナーの過去にこだわる人が多いと思う。女性は好きになったらDV野郎でも良かったりする。僕はどうだろうか。あんまりこだわらないタイプだとは思うんだけど。

 

しかし彼女のように壮絶な過去を乗り越えて一つの人生のゴールと新しいスタートを切れるんだから、過去の行いが全てではないんだなあと感じさせられた。

 

末永く幸せになってほしいものだ。