こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

留学のメリットは生活感の違いを実感できることだと思う

ロンドンから日本に戻り、12月の仕事が始まるまで少しの間がある。洗濯したり、買い物行ったり日常生活をしている。日本で売っているありとあらゆる物の値段をポンド換算する癖がついてしまった。

 

例えば昨日は吉野家で牛丼並と豚汁を頼んだ。お会計は620円だった。これはポンド換算なら約4ポンドであるが、外食としては破格である。ロンドンで席について食べる外食はどんだけ安くても8ポンドぐらいからだ。屋台で買って食べる食事でさえ5ポンド以上が普通だ。吉野家クオリティで4ポンドとか恐ろしい物価安である。

 

近所のスーパーで色々と買い出しに行ったのだが、なんせ肉が高い。TESCOなら3ポンドで700gぐらいの豚肉が買えるが、日本ではその半分ぐらいの量しか買えないだろう。日本は食品素材が高いのだ。

 

家で洗濯ものを取り込むとズボンに細かいホコリがついていることに気づいた。そういや以前からこういうことにイラっとしていたな、と思い出した。ズボンによっては細かいホコリがつきっぱなしになっていたりするんだ。だがロンドンで洗濯したあとはこういうことは全くなかった気がするなーと思った。そこで気づいた。ロンドンでは洗濯の後、乾燥機で乾かしていた。2つのフラットで生活してどちらでも乾燥機を使っていたが、その後は細かいホコリのようなものはなかった。どうやら洗った後の小さい糸くずなどが付着しやすいズボンがあって、そのまま外干しすると乾いたあとでそれがつきっぱなしになるということだったようだ。乾燥機で乾かせばそれが吹き飛ばされて、乾燥機内のゴミクズケースに入るようになっていた。乾燥機も買う必要があるかもしれないな。

 

他にも携帯の電波の良さは特筆すべきだ。ロンドンでは二つ目のフラットで凄まじく遅いネット接続だったし途切れやすかったが、日本に戻るとそんなことはありえない。LINE MOBILEはロンドンのgiff gaffに比べると優秀。ていうかドコモ回線が優秀なんだろう。日本の地下鉄は浅いからか携帯電波が通じるし。インフラ環境は本当に快適そのものだ。

 

友達と日本食屋に飲みに行っても1人5000円で日本酒やら和食を腹いっぱい食べれた。35ポンドと考えればやはり安い。凄まじく安い。日本の外食安すぎ。

 

今思えば日本の住環境は本当に超絶快適なんだなあと思った。その分労働環境が過酷なのは言うまでもないだろうが。少なくともサービス業で働きたいとはちっとも思えない。

 

だがFBを開いてロンドン暮らしを続けている友人達の写真を見るとなんとも言えない微妙な気分になる。ロンドンでできた友人たちの中には他の国を飛び回ったりしている人も多い。僕はそういう生活もいいなあとは思う。それは金と時間が必要な最高の暮らしだろう。

 

日本の環境の良さと海外ぐらしの素敵さは比較できない。この微妙な気分をしばらく引きずったまま楽しい暮らしをせねばならんのだろう。