こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

有能だけど正当な評価を受けない人なんているのか

最近何かと話題のこのテーマ

www.watto.nagoya

幾つかの疑問がある。それは経験からくるものだけど。僕は客先常駐のプログラマ歴が長いので努めていた会社以上に色々な会社の内部を見てきた。

 

これはプログラマあるあるだと思う。トータルで30ぐらいの会社で作業してきたんじゃないかと思う。短くても3ヶ月とか長くて1年とか。その経歴から言うと、上に立っている人なんだかんだ有能な部分があって評価されている。評価されていない人はやっぱりイマイチなところがあるからってのがほとんど。

 

例えばIT企業なら説明がわかりやすくコントロールでき、主張が明確というのが上に立っている人に多い。技術者はやっぱり技術に優れている人がエンジニアとしてコントロールする側に回ることが多かった。

 

僕は出世できなかったタイプではあるし、評価を受けなかったタイプではあるが過去の自分に問題があったと思うし、会社の部長たちの目は確かだったと思う。

 

もちろん評価を受けている人が完璧だったとは思わないけど、その人の代わりになれるほどの人材がいなかったようにも思う。

 

ところで世の中には会社として使い所はあるけど、出世させるほどではないという人がたくさんいる。かつての僕もその一人だ。

 

使い所があるがゆえに会社的にはいてほしい。しかし他の社員より評価するかというと微妙という人々がある。会社は待遇は過剰に上げられないがクビにしたいというわけではない、といったところ。

 

はてブ界隈では恵まれない有能社員が多すぎて、実態とはかけ離れているんじゃないかと疑っている。

 

どこかアスペっぽかったり、病気持ちだけど有能みたいな人がブログで主張しすぎているんじゃないかと疑っている。僕の見てきた数々の会社ではその会社では程度ベストな選択をしているケースが多かったと思う。

 

もう一つの疑問は「どこでもやっていけるという能力のある人は割りと転職したりしている」ということだ。

 

会社にしがみつく人ってそんなにいるかな。だいたい能力があって評価を受けてないと思う人は当然自覚があるんだから、割りと見切りをつけるのも早い。遅くても3年とか。

 

なので会社に評価されていない!という人がその会社に居座りながら文句を言う姿は滑稽に見えてしまう。結局他で通用する能力がないんじゃないの?と。実際に転職する自信のない人は会社に文句を言いつつ長くそこにいるというのは有りがちだ。なんだかんだで怖いのである。声がでかい人ばかりが得をしている!と文句を言ったりね。

 

かつて僕は声がデカイ嫌な社員だったけど、やっぱり出世した人は記憶力抜群の説明上手で社内調和もすごいと評価の人だった。僕はそこで会社をやめて自分の道を進み始めたが、結果として出世するよりお金稼げているからオーライだ。その分、正社員という安定はなくなったが。

 

最近意識しているのは「はてブロで書いている人は結構浮世離れしているな、はてブのリアクションも世間とズレているな」っていうこと。

 

少しはみ出した人がはてブに吸収されている気がするので、実社会との乖離がひどくならないように気をつけたい。