フロイドの狂気日記

いつ走り出すか誰も教えてくれなかった、お前はスタートの合図を聞き逃したんだ!

PR

仮想通貨バブルに見る日本の終った感

インチェックだけじゃなく、BitFliyerもZaifも何やら怪しいスキャンダルがあるらしいとまことしやかに流れてきました。

 

インサイダーとかセキュリティが甘いとかで、参加者に不利益を与え続ける業界だということがバレてきた。入金しなくて良かった。

 

それ以上に送金されている金額の大きさを見て日本終わってる感じがした。

 

diamond.jp

こちらではコインチェック単体で1400億円相当の資金移動。もちろん仮想通貨LISKの円換算価格だから純粋な円ではない。しかしそれだけになる金が取引所に流れ込んでいるんだ。他の仮想通貨、特にビットコインはさらに巨額の金になるだろう。

 

つまりあらゆる教育やら科学やらの可能性に投資する金がないといいながら、実はお金自体はたくさん持っているんだ。手っ取り早くお金を増やせると睨んだらそこに金をつぎ込む人はいても、もっと泥臭い開発や有用なビジネスに投資する人はいないということが証明されてしまった気がする。

 

NEMとLISKだけでも2000億相当に上る額。他の通貨も合わせたら1兆円以上とも言われる価値だ。もちろん仮想通貨の上昇後の総額だ。5分の1と見積もって2000億は下るまい。

 

あるところにはある。再分配が進んでないだけでなく、新技術を駆使して世界に挑戦する人たちのビジョンがない。仮想通貨なら面倒なことを考えずに儲けられる。CMを流して、情弱を釣り上げ、金を手に入れるギャンブルビジネス。

 

今回はコインチェックが大失態を見せたが、金がそこに流れたのは事実。これこそがこの国の実態なんだなあと痛感した。そもそもパチンコやガチャゲーが流行るお国柄だからね。一体何に価値があるか、を立ち止まって考えるような人たちが住む国じゃあない。2000億あったらどこかに新しい街でも開発デキるレベル。

 

そんなことをグダグダ考えていたら、ビットコインの価格が90万円切っていて笑えた。もう仮想通貨バブルは一旦終了やね。

 

どうしてこの国の金持ちとそれなりに有能な人々は博打ビジネスに走るのか。そしてそういった半丁会社に投資が流れ込むのか。悲しくなるほど儚い社会じゃないか。

 

アメリカではテザーという会社がノミ行為をやっていたらしく(会社と同名の仮想通貨で)現在捜査が進んでいる。この結果次第ではアメリカの取引所も連鎖的に倒れて仮想通貨ブームにトドメを刺すと噂されている。

 

仮想通貨「テザー・ショック」で大幅安 - Market Hack

仮想通貨「テザー」の疑惑が本当なら、市場が崩壊するかもしれない──信頼性を損なう“事件”が続発|WIRED.jp

 

恐らく捜査当局が睨んでいる通りの事実があるんだろう。ビットコインを買うなんてもはや愚か者のする行為になっている。

今回、CFTCがテザーに対してかけた疑いとは「テザーが顧客から受け取ったドルを流用し、他の仮想通貨に投資したので、それらの投資で損をした場合、顧客のドル返金要求に応えられなくなるのではないか?」ということです。換言すれば、ドルの準備不足です。

 

アメリカも山師だらけというわけですか。

アメリカならまだハイテク産業が世界No1だし、ダウも過去最高を記録更新し続けているわけだからなんとなくホットな話題は他にもありそうだけど、日本だと増税以外にホットな話題がない。

 

バブルの空気は少しだけ味わえたが、やはり砂上の楼閣だったようだ。