こうして僕らは腐る

ねえ、秒速100Usersなんだって、このブログがバズる速度。秒速100Users

PR

先進的プログラマが微妙技術を勧めるという吐き気を催す邪悪

はてブで時折ホッテントリする技術系スライドなりトピックがある。

 

僕はいつも職業柄それを見るが「何だこの技術」というのも少なくない。

 

ディファクトスタンダードになっている技術の紹介なら参考になる。だがほんとに聞いたこともない技術でアプリを作りましたみたいなことが度々散見される。

 

2-3年前からAngular 2.X以降を勉強している人は今でも幸いであるが、もしBackborn.jsをpushする記事に目を止めて、一生懸命勉強していたとしたら今は別のスキルを勉強していることだろう。

 

2-3年前は勢力を2分する勢いだったgulpやgrantも今や先端技術とは言えない。今はwebpackがそれらに取って代わったらしい。

 

このようにたった2年で使っている技術が微妙になることはよくある

 

やはり4-5年前はLaravelとPhalconというPHPフレームワークが話題になったが、Phalconの方はもはや実用的なプロジェクトでは使われていないんじゃないか。少なくとも新規プロジェクトで採用しようということはないだろう。検索しても2014年の記事が目につくぐらいである。

 

Yii、Fuelなどのフレームワークは忘却の彼方に消えた。

僕はこの数年Laravelというフレームワークで飯を食っていると言っても過言ではない。たまたまのめぐり合わせだったがLaravel4.Xを触るプロジェクトにジョイン出来たおかげでその後はLaravelの勢力拡大に合わせて仕事を受けることができた。

 

Laravelは2014-5年頃にはアメリカのPHPプロジェクトでその当時デファクトを握りつつあるということだったが、時間差で日本もそうなったと言える。

 

かつてCordovaというAndroidiPhoneアプリを共通で開発できるという技術もあったが、今やReact nativeが王座についているようだ。

 

最初からFacebookGoogleが採用している技術を勉強していればある程度は外れないが、意識高いのをこじらせてどこで採用されているか知らないような技術に手を出すとあっという間に時間ロスを起こす。

 

ただはてブのテクノロジー記事でバズるようなトピックを書くプログラマというのは、能力が高いので技術が廃れてもさっさと次に移って、新しい技術もサクッと身につけるスキルを持ったりするので、デファクトを取れなかった技術を使った経験も懐かしい思い出のように語れたりするから腹立たしい。

 

僕のように平凡な能力しかないプログラマや、勉強する時間のなくなったエンジニアが選択を間違えると人生が左右されると思う。

 

ディファクトかつ先進技術に触れているというのが、ライバル達を蹴落として仕事を受けるという現実につながるのだ。「Phalcon PHPを使って来ました!」というのはおそらく売りにはなるまい。

 

コンピューターサイエンスの基本をしっかり抑えている人は選定技術は好みの問題程度の話ではあるが、平凡ながら社会の片隅でやっていかざるを得ない人には死活問題である。長く使える技術かつ採用企業が多い方が、メンテナンスなどでも仕事を得やすい。

 

先進プログラマに言わせれば、そのレベルの人はエンジニアなんて選ぶなってもんなのだろうが生きていかなければならないのが人生である。彼らは純然たる技術の興味で我々に情報を提供する。が、それが人生のトラップになりそうな時がある。技術を勉強しないよりは良いかもしれない。しかし我々のしょっぱい脳みそは技術の興味本位で埋めるの小さすぎるのだ。善意をもった邪悪により我々凡人は苦しめられる。

 

 

 

個人的に地雷っぽいなあと思っているのがVue.jsである。Googleトレンドで調べればわかるが、Angular、Reactと比べるとその検索量の差が歴然だ。この2つはjava scriptフレームワークのディファクトを2分する勢いだし、ビッグカンパニーがかなりの資源と資金を投下しているので衰退は中々来ないように思う。誰にも断言などできはしないが。

 

 

何にせよハイスペックなエンジニアの目線で技術選定をしていると夜の趨勢についていけない時がくるのだ。勉強する技術を間違えるとスペックの高いエンジニア以外は数年後つらい思いをするのではないだろうか。

 

結局 PWA は来るの?来ないの?: Tender Surrender

やわらかVue.js - Scrapbox