フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

どうでもいいこと

新型コロナウイルス感染症対応緊急資金を大阪府で申し込んでみた結果

www.pref.osaka.lg.jp 今キャッシュが必要かというとそうでもないんだが、万が一ということもあるから申し込んでおいて、実際に借り入れるのは待機状態にしておく、というのがクレバーな準備ではないかと思い、大阪市長がマスコミ前で発表していた緊急融資に…

SNS全盛期の売れ方

作品がネットで簡単に公開できるようになって随分経つ。SNSとスマホはさらに作品公開の手軽さを上の次元に持っていったと思う。代償として炎上はさらにイージーとなった。 「100日後に死ぬワニ」が終わってから5日経っても批判が止む気配はない。それはワニ…

100日後にワニが死んで家族でギスギスした

lady-joker.hatenadiary.jp 100日後に死ぬワニは有名で、ネットをほとんdど見ない母さえ知っている。ワイドショーでやっていたからだろう。家族のLINEグループでも話題になって、最終回の日は19時きっかりに更新されるだろうと思って待っていた。 しばらく…

クライシス中毒

ごきげんよう。皆様どのようにお過ごしでしょうか。1月の能天気さが嘘のように世界中が大パニックを起こしている。僕が想像した通りではある。僕はというと建設的なことは何一つせず、自宅で眠ってばかりの日々を過ごしている。ここ1ヶ月の毎日のタイムテー…

自分がコントロールできることをしよう

虫歯ができていると言われたのは2月の初め頃。1年に一度でいいと言われたレントゲン撮影をすると、結構大きいのができていると告げられた。冗談でもない。2ヶ月に1度は歯石除去をしているし、銀歯を白の歯に入れ替えてほとんど2年は歯医者に断続的に通ってい…

この騒動が終わったら破滅主義はやめるよ

一ヶ月前までは破滅願望主義の危険厨と見なされていたが、いよいよパニックは誰しもに明白になってきた。生まれてからというもの、いや、戦後最大の世界規模のカタストロフィが目前に迫っている。もちろん人類全滅にはならないだろうが、最大級の危機である…

チェンソーマンに見る愚か者として生きること

去年ごろからアプリでジャンプを購読しているのだが、おかげでコミックを買うようになった。今はチェンソーマンと呪術廻戦がお気に入りだ。今回はチェンソーマンについてちょっと語る。 「チェンソーマン」は悪魔と人間の戦いの物語だ。色々なものの悪魔がで…

狂気の強制ガチャ・コロナフェス

生きる気力が昨日から出てきた。共同通信が利用するハイヤー運転手が新型コロナにかかり、記者10人が自宅待機になったという。そのうちの一人は総理大臣の番記者だそうだ。不謹慎を承知でいうが、新型肺炎の驚異は何の権威も金も持たぬ我々底辺だけでなく、…

こんな危険な街にいられるか!オレは家に引きこもるぞ!

案の定だけど、日本政府はコロナパンデミックをなるべく騒がず、矮小化することと威勢のいい掛け声を上げることで見てみぬふりを決め込んだようだ。僕は節約モードに入って2月から仕事をしていないのをさらに3月もそのまま休むことに決めた。その間に何とし…

Appleのサポートがジョブズの意思を継いでいてブチギレた話

あらすじ ある時、Amazonからの思念攻撃によりiPhone XSをコンクリに落として画面をバキバキにしてしまったワイ。Googleの激安Android買い替え誘惑に負けず、Apple Care+の圧倒的包容力によって新たな機体を手に入れた。しかし、亡きスティーブ・ジョブズの…

中国人から儲けるのが気に食わない人々

そういう人たちが日本にいる。コロナウィルスでてんやわんやになっている東アジア情勢ではあるが、日本もご多分に漏れず混乱しつつある。僕が1月末に予想していたよりは、遅いペースであるが感染拡大の最中といったところだ。今の所1月28日から毎日平均1.2倍…

目利きのコスト

ブログを書くようになってわかったことがある。人間簡単には変われないし、同じことを繰り返していると気づくとテンションが下がる。2016年冬から数えて3年以上。同じこと書いてるなあって思う。 だいたい年度ごとに2ヶ月ほど休んでいる。休みのたびに僕は何…

うまくいかねえよ

2月だ。新年明けてもう1ヶ月が経った。売上が入ったので支払うもの支払って贅沢をする。飲み会、歯の定期検診、マッサージ、ジャンプコミックスのまとめ買い、iPhoneの交換。それぞれにいろいろと不満ばかりがつのる。 歯医者で1年半ぶりぐらいにレントゲン…

夫婦別姓が実現したら結婚制度は完全に無意味になるだろう

私は選択的夫婦別姓には賛成派 - 斗比主閲子の姑日記 夫婦別姓に「それなら結婚しなくていい」 国会でヤジ :朝日新聞デジタル ここ四半世紀の婚姻制度の進歩とは、男性利権の骨抜き化という一言に尽きる。簡単に言えば、男性にとっての結婚は無意味になった…

47歳のどん底を前にできることって

karapaia.com なんか人生で一番不幸を感じるのが平均47歳なんだとか。ミドルエイジクライシスというのは有名なんだけど、世知辛いねえ。僕にとっては15年後ぐらいになるだろうか。不幸を感じない体質になりたい。 最近、フリーランスプログラマとしての拡張…

酒を飲むと頭が痛くなるから

anond.hatelabo.jp ブクマカが結構酒飲みが多くて意外だった。僕は晩酌することはほぼない。友達と飲むか場末のスナックラウンジで飲むかぐらいだ。どちらの頻度もここ1-2年で大幅に減った。歳のせいか飲んだ後に頭が痛くなることがちょくちょくある。二日酔…

惨めさの勝利

1月の平日は残すところ10日を切った。10月、11月と休み、12月、1月と働く。そして2月は休む。この2月で英語をガツッと勉強してテストを受けて後顧の憂いを断つ。去年の10月にやっておくべくだった。 この2ヶ月間のサボタージュは若い頃の感覚を僕に思い出さ…

フラグ回収

www.byosoku100.com 2月の仕事の面談を受けてきて、まあ確実に受注だろうな、という感触があった。面談の日の朝に、今の案件の延長提案があった。予算が通ったらしい。僕が思ったのは、あるいは定期的な読者の意見を代弁すると、このサボり野郎が仕事を失う…

午前3時に語る存在理由

ニューエントリ…ども…俺みたいな33で腰いわしている腐れ野郎、他に、いますかっていねーか、はは今日の朝会の会話進捗が遅れている とか リスケが必要 とかま、それが普通ですわなかたや俺は電子の砂漠でバグを見て、呟くんすわit’a true wolrd .狂ってる?…

人生はマラソンだ、ということを意識せよ

最近ずっとナイーブになっていた。特にイギリスの大学の学費がクソ高いので、その金で何ができるか、みたいなことを考えていた。 とりあえず一年目は生活費など合わせて500万必要だ。500万という金で何ができるか。中古の一軒家やマンションの一室の値段を調…

つまらない仕事こなすBot

ちゃんと仕事しないとな、と思ってPCの前に座り、エクセルの設計書を読み始める。実装するためにInteliJ Ideaを立ち上げ、最も小さい実装部分から手を付ける。設計書に指定されている「営業地域マスタからデータ引っ張ってリストボックスで表示する(例えば…

おじさんプログラマに必要な「ごまかし力」

あざやかにコーディングしてのける 余裕綽々でバグフィックスする そんなふうにやれるものなら――― 俺だってそうしたかったさ そうですね。プログラマを長々とやっていたら皆そう考えるけれど、できねえんだよな。チームプレイだから。一人でコーディングする…

この苦悩

2020年の1月はあまり良い日々ではない。頑張れば去年末に終わらせられていた仕事をズルズルと引き伸ばし、ついに最終手段であるところインフルエンザ作戦まで使うことになった。月曜日に新年正式の仕事始めの日であったが、この日まで終わらせるべきあれやこ…

そろそろ医療費削るか、可処分所得の減少を許すか決めるべき

実のところ日本はもうダメです。突然こんなこと言ってごめんね。 突然ではないのだけど、みんな気づいていて見てみぬふりをしていることがある。高齢者が増え続ける、医療費が増え続ける、医療費の原資は税金だから、税金払っている人の負担が増え続ける。も…

薬物中毒の気分

1月4日はジャンプの発売日なので勉強はお休み。毎日のようにはてブをチェックしているんだけど、イライラする上に止まらない。ぶっちゃけネット巡回地獄は意味がないことはないかもしれないが、自分の能力の向上に役に立つわけではないし、おまけに相当時間…

2010年代の神話の終わりと2020年代の格差拡大

年の瀬は毎年やってくるが、2019年の終わりが特別なのはそれは10年間の終わりであり、XX年代と括られる一つの時代が終わるという点で特別だ。ついに10年代が終わるのだ。世間的には激動の時代というか、天変地異の10年と記録されるだろうし、世間もひっくり…

2019年が終わるから寂しくなるね

10年代が終わるって何か時代の区切りを感じる。 仕事をしなくちゃと思ってちょっとだけ仕事したんだけど、サボりのツケを払うほどではなくいよいよヤバい感じが出てきた。これは「お前が連れてきたエンジニア、ゴミでは?」と営業担当が詰められるタイプのあ…

来年の抱負

高校生の頃、僕はすごーく真面目な生徒で、遅刻せずに2年生までを過ごした。正確には忘れたが、2年生のいつだったかに遅刻をしてしまって、皆勤賞みたいなのを逃した。糸が切れたかのように3年生のころはポツリポツリと遅刻した。皆勤賞を逃した時の絶望感は…

嘘をついて逃げて逃げて

年末ですな。読者諸君はいかがでしょうか。僕の方は嘘をついては逃げております。 12月から受けた仕事は端的に言って、何もしていないに等しい。1ヶ月の間のうち3週間以上は在宅勤務になっている。そうしてどれほど仕事をしたかというと、普段の3分の1以下で…

政治の混乱は解決可能な問題がなくなったから

安倍首相「国難とも言える状況」少子化対策進めるよう指示 | NHKニュース 政治が混乱し続けている。なんで今いる政治家は難問に真剣に取り組まず、桜を見る会で身内で楽しんでみたり、IRで不正をしたりするのか。そもそも私腹を肥やすことに魅力があるのと同…