フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

プログラマ

無限ボーナスと王様の耳

今仕事でとんでもないおあつらえ向きのことになっている。一般的に年末、正月とお金を使うことが多くなって、2月あたりはみんな素寒貧で、外に出ない。そうして書店の売上が減るから2月に芥川賞が選ばれるようになりました、みたいなエピソードがあるくらい…

孤独なプログラマ

ハードワークだとわかって引き受けた仕事だ。わかっていたがPMがプロジェクトを掛け持ちし、完全にコーディングのコントロールを外注に任せるとは思っていなかった。命名規則さえない状態で進めていて、いやそれはまずいでしょ、そんなことするとえらい目見…

世界が終わるまでは

10月末にいくつかの案件の面談をしてみて、納期がひどい必死の案件か単価が低いのものばかりだったのでうんざりして見送っていたら、仕事自体がなくなった。さすがに12月からの仕事を受けないと、いくら節約しても家賃が払えなくなるので渋々ながら営業担当…

先進的プログラマがGAFAに加担するという邪悪

モダンな開発環境。イケてるweb appにまつわるバズワードが立ち上がっては消えてきた。 www.byosoku100.com 一年半以上前にこんな記事を書いて、モダンなエンジニアから微妙に批判を食らった。それから時間が流れ、IT業界周りのニュースを見るに、新しい考え…

おじさんプログラマの学習曲線

以前から自宅で練習がてら作りたいwebアプリがあって、慣れたやり方で作った後、vue.jsを導入してみるとか、pythonで作り直してみるとかそういうことをしようと画策していた。それでメモがてらevernoteに構成書いていって、そろそろやるかと思って自宅のMac…

甘やかされた愚か者

www.byosoku100.com 交渉がうまく行ったと思い込んだ僕は浮かれ気分でエントリを書いた。そして今日、僕の人生でよくある、思い通りに行かないという腹立たしい展開がやってきた。 名刺にマネージャーと書かれた営業マンから電話がやってきた。とても心苦し…

営業に捨てられ、営業を捨てる

残り物には福があるらしい。 1年ほど前から半年ほどしていた案件のことだ。僕は乗り気ではなかったが、スコットランド旅行から帰ってきたばかりで仕事が決まっておらず、引き受けた案件は僕の失態とPMの癇癪で燃えに燃えた。ここまで人に憎まれることなんて…

プログラマへのレクイエムを奏でる経営者

九州旅行も終わり、娑婆の世界でゴミみたいに働くために仕事の打ち合わせをした。仕事を引き受けるかどうかの案件確認の場である。もはや僕のキャリア的に一方的に仕事内容を確認する側といっていい。大抵の場合はクライアント側から拒否されることはない。…

ChatworkとTシャツのシミ

僕がまだ自分の仕事も覚束ない頃、とある中小企業のSES派遣プログラマとして在中していた。僕自身も中小企業に所属するプログラマで派遣先も小さいweb屋であった。事務所内は特に広くもなく、よくある長机にPCを置いて隣前と向かい合って仕事するような普通…

プログラマが死ぬ時

「プログラマはいつ死ぬと思う・・?」「デスマーチで3徹した時・・・違う」「営業が出来もしない納期で依頼を受けた時・・・違う」「マイクロソフトがIEのバージョンを上げた時・・・違う!!」「・・・技術への興味を失った時さ」 あまりにもホワイトな企…

7payが僕らに与えたもの

少し古くなってしまったような話題で、もう決着がついて飽きらてしまったが思うところを書いてみようと思う。 かつて7payという天下のセブンイレブンが満を持してリリースしたQRコード読み取り、スマホで支払いができるクールなアプリがあった。蓋をあけてみ…

コミュ障とPMと気怠い4月

4月から新しく開発の依頼を受けた。珍しく設計フェーズがガチガチに決まっている仕事だ。かといって大手企業ではない。3人でチームを組んで開発するいつも通りのPHP案件である。前回の案件の反省から設計段階から不可視の未定義を徹底して突っ込む覚悟で望ん…

Congratulations

www.youtube.com I was patient Now I can scream that we made it 俺は耐えた 今だから俺達はやりきったって叫べるんだよ 3月になった。サラリーマンな人々には延々と日々が続くのだろうが、僕のような適当なフリーランスにはリセットできる日を定期的に作…

Googleを見て悟ったプロジェクトで苦しむ理由

Googleに転職していきなり3ヶ月の育休を貰った - Software Transactional Memo マネジメントと設計の不備に不満を爆発させた2月だった。不愉快な思いをすると常に二度とそんなことになりたくないと思い、反省や対策を考え続ける。冷静に考えるとフリーになっ…

仕事は全員が醜悪な上に無能という前提でするべき

何故あなたのチームのwebプログラマは不具合を起こすのか - フロイドの狂気日記 何故あなたのチームのwebプログラマは使えないのか - フロイドの狂気日記 読者というものはとてもよく見ている。冷静に書いた上記事はバズりスターをもらえた。怒りに任せて支…

何故あなたのチームのwebプログラマは使えないのか

なんだこのプログラマ、この程度のことも頭使って対処できねえのかよ、と思っているプロジェクトマネージャーも多いことだろう。 さえずるな、バカが。 この程度のこともできねえのか、と思った時、それは貴様がプログラマの実力に応じた指示出したり、すり…

何故あなたのチームのwebプログラマは不具合を起こすのか

なんでテストフェーズに入ると不具合を起こしまくるのか。ここでスムーズに行けば納期に間に合うのにどうして大量の修正に時間をとられるのか。そんな風に思うプロジェクトマネージャーは多いはずだ。僕はPMでないが今すごく思っている。なんせ自分の作った…

コードを書けないプログラマの対処法

思ったよりもコードを書けないプログラマに悩まされている人々が多いんだなあという印象。 結論から言えば「種をまくと思って少しずつ教える」ではなかろうか。 できない人が今より少しレベルアップするための知識をちょっとずつインプットする。ある程度の…

AIが判断できない人間の悪意

イギリスの大学進学に書類を6割ぐらいは揃えた。今月中には申し込んで合否待ちの状態になる。 いよいよ未知の世界に踏み込むのだなあと思いつつ英語が心配だ。結局コンピューターサイエンスを専攻することになったので修練を積んでから何を作りたいかも想像…

顧客が本当に求めているスケーラビリティ

プライベートで勉強しないサクラエディタ開発おじさん - フロイドの狂気日記 サクラエディタおじさんがいるプロジェクトを思い出すと、エンジニアが求めているスケーラビリティと、顧客が求めているスケーラビリティにはマリアナ海溝ぐらいのみぞがありそう…

設計ミスとコミュニケーション不足と読解力不足

エンジニアをしていると、コミュニケーション不足と設計ミスと読解力不足のそれぞれで悩むところがある。それぞれが絡み合って失敗するときもあるし、いずれかに理由が偏った失敗もある。 失敗と言うほどではないのだが3日前にもそれに気付かされた。後4日程…

プログラマには2種類いる。技術を追いかけるやつと、追いかけずにクソして寝るやつだ

プログラマは大雑把にタイトルで書いたように分かれる。 最先端技術にキャッチアップする人とそうでない人だ。 20代ぐらいの理想に燃えるベンチャー社員や、それ相応の大学を卒業して自分は腐らないと思っている人たちが、スライドをせっせと作って無言ブク…

マストドンに見る「オタクの理想」と「大衆の要望」の壁

何かとバズっているマストドン関係の話題 cpplover.blogspot.jp 技術大好きおじさんが、ものすごく食らいついててはてブっぽいなあと思わされる話題です。結論から言えば、彼らの持っている理想はほとんどの技術に疎いパンピーが求めているものではないと思…

お断りしますと言えなかった僕

面白い記事がホットエントリーに上がっていました。 www.megamouth.info 久々のブログ更新なのですが、今でも炎上中のプロジェクトで実装作業をしておりまして、もう何事もやる気がないという精神状態がゆえ、ブログ更新も覚束なくなっております。そんな中…

人間の底知れぬ欲望を感じてます

自分はフリーランスのエンジニアであります。 率直に言って並のリーマンよりも生活水準が高い。 僕はフリーになる前はサラリーマンだったのでそれがよく分かります。 並のリーマンだった自分と比べて、自分の生活はかなり豊かになりました。 技術者としては…

50歳のエンジニアに出会う

この業界に入ってから思っておりました。 どうして年をとったエンジニアがいないんだろうと。 流石に10年近いキャリアの中で多少は出会うことがありました。 どちらかといえばハードウェアに近い仕事ではおりましたが、管理職的立ち位置の人が多かったです…

スタンダードという素晴らしさ

ブラック案件も一息ついた頃ですが、まだ余波は残っており課題があります。 いつもプロジェクトでいつも思うのですが、どうしてスタンダードから外れた技術を使おうとするのだろうかということです。 もしくはなぜスタンダードの技術を利用せず解決を試みる…

ブラック開発現場にぶちあたりました

しばらく前に電通過労死問題が話題になりました anond.hatelabo.jp 10/17でブログの更新が止まったのは、僕自身がかなり忙しくなったからです。 電通マンほどではありませんが、ほとんど毎日終電で帰ることになり、えらいことになっています。 今でも収束し…

久々に見つけたブラックIT企業

先日驚くべきブラック企業とお会いさせていただきました。 僕はフリーランスのエンジニアなので、様々な企業の提案を受けるのですが、営業経由で来た仕事で面談に行ってみたのですが、これまたひどい。 たいていの人が知っているような大企業がエンドユーザ…

天国企業と地獄企業

僕はITエンジニアとして10年近く働いてきました。 僕のような3流技術のエンジニアはいわゆるドナドナ案件をずっとこなしてきたわけだが、天国のような企業もあれば、なんやこれ地獄か、みたいな企業もある。 もちろん案件によるんだけど、自分としては案…