フロイドの狂気日記

いつ走り出すか誰も教えてくれなかった、お前はスタートの合図を聞き逃したんだ!

PR

大阪北部震災と破滅願望

子供の頃阪神大震災に被災しているのだが、その時は大阪より兵庫がダメージを受けていて大阪内に住んでいた僕らの家族は大した被害もなかった。

 

昨日の朝、8時に緊急アラームとデカイ縦揺れで起こされるまでは巨大地震というのはどこか他人事というか実感のないことだった。

 

そりゃ新潟、東北、熊本とたくさんの震災が阪神大震災以降もあったのだが、家族も友人も被災していないし、大変だなあと思いつつもリアルな恐怖感というのを感じられなかった。流石に東北の地震は死者の数が桁外れで原発爆発もあったので、多少は危機を身近に感じたが、やはり数百キロ離れた地域だと実感に欠けた。

 

それが久々に死ぬかも、と思わせた昨日だった。出勤前の時間帯だったため現場のチャットに投稿して出社可能かを聞いてみたら、電車が全部止まっていることを伝えられ、自宅待機ということになった。

 

友人家族と連絡を取って安否確認した後、ぐっすり二度寝できたのは良かった。月曜からお休みできるなんて最高だ。昼に起きてニュースを見ると、NHKはずっと震災情報を流していた。極端な被害が出てなくてよかったが高槻あたりはガスの停止など生活に影響でているらしかった。違法建築の壁に挟まって死んだ女児に同情したりもした。

 

ネットでは余震やもっと大きな本震がやってくるのではないかとずっと盛り上がっていた。それに感化されたのか、僕はどこかもっと大きな地震がこないだろうか、と期待するようになった。不謹慎ではあるが、この国が一新されるような何かを求めているのだろうと思う。卑怯にもその妄想はその後も自分が生き残るという前提で考えているのだ。

 

東日本大震災クラスでも日本の根本には変化をもたらさなかったどころか、その当時の隠蔽基質や上級無罪対応は未だに日本で健在である。日本の最も上の腐敗に対する懲罰を望むというのは僕だけではあるまい。

 

今朝もちょっとした地震が何度か起こっていた。僕の勤務先は大阪の北部なのでとにかく行きたくなくて仕方なかった。帰宅難民にはなりたくないから、デカイのが来るなら朝早くに来てくれと願った。だが結局何事もなく電車で出勤している。

 

僕の薄っすらとした破滅願望を他所に、おそらくこれ以上の地震は大阪で起こらないという予感もしている。なんせ僕の他人任せな願望は叶った試しがないどころか、その逆結果になることが多かった。

 

だが震災が来るたびにこの国のドブ臭い上級共を一掃してくれ、システムを破綻させてくれという願望が心の中にうごめく市民は多数でないもののたくさんと呼べるくらいにはいるはずだ。特に失うものが何もない人達は。心の底からというわけではないし、自分や家族は被災したくないし、死者も望んではいないが、うまいこと変革をもたらすような何かを実は求めているのではないか。リアルで身近な死を望んではいないが、社会を抜本的に変えるぐらいの犠牲なら仕方ないと思える身勝手な運命論である。

 

 

だが確実に言えることは、望んだことは起こらないということだ。

これからも運命的なことなど1つもない普通の日常が続くだけなのだ。

 

 

 

 

と思慮も良識もないことを書くのは、「お前が望む破滅なんて絶対に訪れないぞ」という強い意思を神や仏に思ってほしいからだ。「大地震を起こせるがテメーの態度が気に入らない」と人間を超越した何かに思ってもらえれば、大震災など起こらないんじゃないか?と思ってみたり。それほど震度6弱って心臓バクバクさせる恐怖だったわけだ。

 

先日の震災で死んだ人々にご冥福をお祈りします。

 

 

東京防災

東京防災