フロイドの狂気日記

いつ走り出すか誰も教えてくれなかった、お前はスタートの合図を聞き逃したんだ!

PR

大阪は貧乏人ばかりなので分断というより、総貧乏のじゃりン子チエ化しているのだよ

gendai.ismedia.jp

大阪は分断されている!みたいな言説はちょっと微妙だ。もともと格差社会なのが大阪というか、多数の貧民に少数の金持ちって感じで中間っぽいのが少ないと言うか、中流層でも大阪的下品さがあったり、明るさがあったりでイケてる感じがしない。

 

「貧乏そうに見える人」「教養なさそうなおもろい兄ちゃん」「ただのギャル」みたいなのは事欠かない(ただし西成にいるガチ貧乏そうなのはNG)。大阪というのは中間層も中間層らしい気取った感じがない。絶対中流層になれなさそうなタイプがやたら金使っていたりもする。大阪は総じて貧民っぽい感じの奴らが多いのだが、その御蔭で飾らない庶民の街という印象があるだろう。

 

冒頭にあげた記事で、北摂は被災しないという神話のようなものに言及しているが、僕は共感した。というのも安全性や上品さについては大阪といえば北摂北摂といえば金持ちみたいな意識があって、だからこそあそこに地震が来るのかという驚きは僕にもあった。金持ちが好んで住むんだから安全だろうという考えだ。冷静に考えりゃ断層があれば地震の可能性ありと考えるのだろうが、起こりやすいところに金持ちが金かけて家を建てたりしないというふうに思いこんでも不思議じゃない。

 

とにかく大阪はシングルマザーも多いし、貧乏っぽい感じの子供も多いし、お笑いを取ってごまかす、見た感じチンピラ、口を開けば不景気みたいな総貧乏なので、分断起きているかな、と思った。底辺で安定している気がする。

 

大阪維新の会批判というのはたくさんあるが、そもそも自民支配の大阪になったとして災害時にスピーディにtwitterで発信する能力があるとも思えない。僕もtwitterで吉村市長をフォローしているが朝からつきっきりで発信しているのを見て、悪くないんじゃないかと思った。

 

テレビ頼み、裏方の連絡網頼みというよりもtwitter発信があったほうがいいとは思う。現場が混乱するという意見もあったようだが、それこそ大人が臨機応変に対応してもいいし、twitterで発言の修正を待ってもいい。ネット発信は早いのが売りなんだから、指示の修正やイレギュラーケースの対応も迅速だろう。キチッと対応できるのは比較的市長が若いからかもしれない。

 

記事の筆者は公共事業の必要性を説くが、橋下府政以前の公共事業は金を使うが赤字で放置というのが多く、市長がその処理に嘆いたところでもある。僕は公共事業をするならその後負担にならない戦略というのは必要かと思う。片田舎でもなんでもない大阪の立地でクソ赤字を叩き出したいくつかの事業については、維新以前の政治家は猛省スべきだとは思う。その辺は公式に詳しい

【大阪W選】過去の大阪市、暗黒の政治:甘い「夢」は巨額債務に変わった 「市民の足」にのしかかる負の遺産

 

フェスティバルゲートオーク200、オスカードリームの3事業で1100億円の赤字叩き出してりゃ、自民市議派が公共事業を言ったところで何ら説得力をもたせられないだろう。ようするに事業が下手くそな自民議会とそのフレンズのせいで、維新の躍進があるわけだが反省しろよと思う。

 

市営地下鉄についてもトイレがやたらきれいになったりホーム自動ドアがついたり、初乗り運賃下げたりと、目に見える範囲で実績を出していて、まあ客より目線なのは明らかで、今までの市営地下鉄の運営者は何してたんだと言われても仕方ない。

 

ようするに対抗馬はいい加減自分らに魅力がなさすぎて維新が選ばれていることに気づいてくれよ。社会資本を売り渡しているっていっても、具体的に何がどう起こるんだよって例ぐらい上げてもいいんじゃないだろうか。

 

うっすらとした予言みたいなのはいらないです。

 

大阪メトロは市民的には利益が大きかったように思えるし、僕の実家近くのショボい公園は現在大規模工事が入っているし、梅北や天王寺の開発はうまく行っているみたいだし、バスは利用していないからわからんが赤字解消しているんならええんじゃないか。

 

利便性はもちろん向上してもらいたいが、赤字垂れ流しでいずれ立ち行かなくなるというなら勘弁だし、結局市民税やら府民税で穴埋めしてんでしょと言いたくなる。

 

維新の方向性は使うやつが金払え方針というのがあって、文楽やら最近全滅したお魚の飼育など、税金やからいうて何でもできると思うなよ、というストロングスタイルだから賛否はあるだろうが、一貫性はあって良いと思う。

 

批判をするなら、それなりにビジョンを示してもらいたいと言うか、公共事業やりまくって赤字は府市民税でヨロピコっていうのはどうなんだと思うわけですよ。それなら民間事業にやらせて金回収をさせる方が合理的ではある。

 

それに吉村市長は待機児童は0にする、フィンランドでやっているネウボラという制度も大阪でやると断言していて、公共事業は削っても子供には割当を増やそうと努力しているようにも見える。大阪には教育バウチャーだとかいう、塾代助成事業もやっていてアホな子どもたちにも勉強支援をしようとしている。

大阪市:塾代助成事業

 

なんというかカット一辺倒というわけではなく、彼らなりにそちらにお金を渡そうと努力しているようだ。必ず民間企業をかますというのは維新のスタイルではあるが。

 

なんにせよ、大阪維新以上のヴィジョンやらメッセージ性を持ちえないと選挙には勝てないし、市長は失言のない政治巧者で、ガラの悪い府知事は空気を読んであまり前にでないという形をとっている以上、反対派に勝ち目がないんじゃないか。

 

もうちょっと維新政治のデメリットとか、反対派のヴィジョンを明確にしていただきたいと一市民として願うばかりですわ。