フロイドの狂気日記

いつ走り出すか誰も教えてくれなかった、お前はスタートの合図を聞き逃したんだ!

PR

相席居酒屋で一言もしゃべらない系女子とかいうシステムハック

先日で一人で焼き肉屋に行って「うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ」とか言いながら肉を食べていた時、前の席で二人組の男たちもまた人間火力発電所になっていた。

 

僕は話す人もなくただ黙々と肉を焼いて食べるアルゴリズムに支配されていたが、二人組は食べつつも雑談に興じていた。口と両手はアルゴリズムに従って動くだけのデクと化していたが、耳は完全にフリーであったため二人組の意味のない会話も詳細にキャッチできた。

 

「そんでなぁ、俺こないだ相席居酒屋行ったんやけどな。対面に座った女の子がなーんもしゃべらへんねん。ずーっとぶすっとしててん。」

 

知らない人に解説を加えると、相席居酒屋とは同じ席に他の異性客が座って即席合コンのような形で飯を食べられる新形態の居酒屋である。ただし価格には値段差があったりして、なんだったら女性は無料で食事できたりする。要はスケベなおっさん狙いのサービスである。多分ヤクザのフロント企業なんだろうなあと勝手に思っている。ちなみに、僕はまだいったことない。

 

「ずーっとぶすっとしやがって。俺はなあ、これでも今までの日本を支えてきた世代なんやぞ!」

 

えっ、そこ!?

そんなピンポイントに自信持たれても困るわ。

もっと他に主張はなかったのかよ。

 

発言からすると40代以上、いやそれだと若い、せめて50代くらいでないと支えてきた世代と自信を持つことはできないのではないか。残念ながら愚痴っている男は僕から見て後ろ向きだったため顔は確認できなかったが、相方の方は普通の30代くらいだった。

 

とはいえ女性がお金を払わなくていいサービス、どれだけ食べてもタダである。それは即ち別の誰か、というかこの場合は金持っている男性が負担することになる。それは暗黙の了解として女性側に会話だったり、媚であったり、笑顔や愛想の良さを求めていると言っていい。もちろん強制ではないだろう。それはあくまでそういう雰囲気商売というわけで、もくもくと飯食うのもありなのだ。システム的には。

 

それができてしまうと店は悪評に繋がり、男性は期待を裏切られ怒りが倍増し、売上が下がればその商売が消える。運営も男性客も思わぬシステムハック。人間の底知れぬ悪意。不誠実なjavascirptを埋め込むことができる運営が悪いと言わんばかりのふてぶてしさ。

 

が、合法っ。圧倒的合法。

女性はタダで飲み食いできるというだけのシステム。

からしゃべらなくたってOK。

悪魔的システムハック。

 

でもまあ相席居酒屋が未だに流行っているということはそれだけの出会い求める人々が後を立たないわけで、ハズレを引く時以外は良いものなのかもしれない。いや、多分。