フロイドの狂気日記

いつ走り出すか誰も教えてくれなかった、お前はスタートの合図を聞き逃したんだ!

PR

Instagramの人生模様を見て鬱になる

Insatagramは自分の人生カットを少しだけ保存するのに便利だ。1投稿につき10枚という写真数上限がいいのだろうか。よく吟味してから最も良いものだけを上げる。たまに思い出したい時なんかには良い。

 

ところで飯とか旅行先とか、赤ちゃんがレモン食べている動画とかをインスタで検索するときに、検索画面で明らかに好みではない写真や動画が出てくることがある。

 

特に韓国のアイドル動画。これはまあスポンサーなんだろうなって感じで理解はできるものの、やたら美人な水着の女性が海に入ったり、高そうな服来ていたりする写真が出てくるのだ。飯の写真に混じって。

 

おやっと思ってついついクリックしてしまう。するとセブ島留学の企業アカウントだったりする。そこの写真のギャルがドンピシャだったりするので、やっぱり個人情報の複雑な解釈をして僕の女性の好みまで把握しているのかな?と疑ったりする。とはいえそれもセブ島留学というところから、僕のブラウザ検索履歴の英語だったり、英国留学だったりするものを関連付けているんだろうなあというのが理解ができる。

 

この前はてブロの読者らしきアカウントが出てきて驚いた。そもそもインスタって他のアプリとかブラウザとかの履歴を参照できるんだっけと不安に思ったが、その読者はまあちょっと本人の実際の写真っぽいのをブログに乗せていて「あの人と似ているなあ」と思ったら、アカウントにはてブロと同じ写真載せてて、本人やんけとなった。別に企業アカウントでもないし、フォロワーもまあ一般人レベルのアカウントがなんで僕の検索画面のおすすめに出てくるんだと思ってちょっと戦慄した。

 

ところでインスタで鬱になる時がある。こういうと君らは、家庭持ち男女が子供と一緒に写っている写真とかなんだろうと勝手に推測するが違う。楽しそうな若者の写真を見る時でもない。

 

ある時美人な女性がおそらくヨーロッパのどこかであろうお城の前で撮っている写真がおすすめにでてきた。さすがインスタ億単位のアカウントから僕好みの女性を当ててくるとはやるなあ、と思ってそのアカウントに遷移する。そうするとその女性のバッチリ決まったメイクで高そうな飯、旅行、ブランド服などを着込んだ写真が出てくる。

 

プロフを見ると起業家とだけある。何の会社を経営しているのか気になって人肉検索を始める。twitterアカウントが見つかって今でもそれなりにツイートしていることがわかる。本名かどうかはわからないが名前もバッチリ載せてある。その名前で検索するとwikiまであることがわかる。そして20歳からモデルやグラビアをしていたことがわかる。1-2年前から事務所に所属しなくなったことがわかる。

 

芸能人だったころのブログも出てくるが、twitterと違い事務所の所属を辞めた年から更新されていない。かつて所属していたマイナーなグループの公式からはメンバーから削除されている。トラブル回避なのだろうが、事務所所属時代の名前からは変更されていた。

 

インスタには起業家と書いてあるがどのような企業を経営しているかはついぞ見なかった。ただイベントや海外旅行などの写真を投稿しており、身につけている服はどうみても安物でない。

 

年齢も僕に近いが芸能人として有名とはいえない女性が、事務所にも所属せず身分もあやふやにして改名して、さらに贅沢な暮らしをしているらしいと。つまりそこにはパトロンがいるだろうが、特別な企業商品の宣伝もしていないし、そもそも宣伝としてはインパクトないと言っていいレベルのいいね数だ。もちろん一般人よりは多いが。友達のやたら多い一般人でももらえるレベルのいいね。広告価値はおそらく無いだろう。

 

それにも関わらず素人から見ればうらやましい贅沢な暮らしている、広告価値がなく特別な仕事もしていない30手前の女性が引っ張るお金の出処は察することができる。そうまでして引退ではなく、華やかな暮らしを見せたいのかと。一度味をしめると抜けられないという現実がそこから見て取れる。今更貧乏暮らしもできず、特別な能力はなく、30手前で芸能人としてはブレイクできなかった。だが落ちれない。貯金がたくさんあるわけではないなら、もはや元芸能人という立場を売るしかないんだろう。インスタからは芸能人らしく男のにおいはしない。

 

そいういう微妙な立場に立たされた人の生き方というのは、見ていて辛く自分に重ね合わてしまう。古くなった技術しか使えず、遅れた古い人と見られながら、金持ちというわけではなく、それでもやっていかなければならないプログラマのような。僕だって自分の技術が通用しなくなった時に、バイト生活やよくわからない零細企業でやっていけるのかと問われれば黙るしか無いだろう。

 

他の芸能人と比較しようと思って、松井玲奈のアカウントを見たら50万フォロワーで1投稿あたり2万いいねぐらいついているのを見て、無言で閉じた。Googleで働いているエンジニアブログを見たような気分だ。

 

インスタで平凡な人生の1ページを切り取って見る分にはいいが、栄枯盛衰を見るの鬱になる。成功よりもそこから衰退している人を見つけてしまうのはなんとも微妙な気分になるな。

 

僕のブログもイギリス行ったりしている傍から見れば羨ましいエントリだったのが、そのうち吉野家の新メニューレビューとかになったりするのかもしれない。