フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

クレジットカードを解約してソニー銀行に一元化した結果

僕の母はクレジットカードを使うな、借金はするなということを口を酸っぱくして教えてきた。残念ながら僕は社会人になってからクレジットカードを作り、何度となく使いすぎて支払いにカツカツだった経験をしてきたのだ。母の教育は功を奏さなかったと言える。

 

あまりに支払いがきつかったのでETCカードと申し込んだ1枚を残して、クレジットカードを解約した。僕は昔から金の使い方がずさんで、どうしようもないほど頭の悪い買い物ばかりをしてきた。今でもそのクセは多少あるがマシになった方である。

 

それでもクレジットカードがあることで使いすぎてしまうので、いっそ解約してデビットカードにしようと思い立ったのが今年の4月。それ以降はソニー銀行デビットカードを利用しているのだが、まああれだ、やっぱ色々あるなあ。一応知見らしきものを書いておきたい。

 

便利なところ

①キャッシュバック

②使ったり、使えなかったサービスでメールが来る

③コンビニでお金をおろすときに無料時間が長いし、月4回までは時間外でも無料

④謎の建て替え機能

 

①ちょっとした買い物でもデビット払いにしておくと、結構キャッシュバックがある。200円とか300円とか戻ってくるだけでも気持ち嬉しい。

 

②web上の買い物で使えなかったらメールが来て加盟店じゃないから使えないと知らされる。すぐさまメールがくるので番号の入力ミスか使えないかがすぐにわかる

 

メガバンクと違って、平日昼間ならローソンなどでおろしても手数料は無料だ。それ以外の時間帯でも月4回までなら無料だ。

 

④これは普通に使っていたらわからないが、朝日新聞の引き落としタイミングで残金が足りなかったのだが、そのときに勝手に建て替えてメールで通知してきた。実のところその機能は想定外というか別にいらんのだが。勝手に建て替えて、度が過ぎると解約されるとか警告されたので建て替えなくていいっすと思った。クレカっぽい感じの機能になっているのかなと思ったが、買い物の時残金がないとダメっぽい。

 

不便なところ

Netflixに課金できない

②マイナーなアダルトサイトで使えないところがある

Google Adsを振り込んでもらえない

④航空チケットで買えないサイトがある

 

①驚いたのがこれ。Huluは確かできたはずだけど、Netflixは登録できなかった。VISAだろ?しかもメジャーなサービスじゃないか。

 

②とあるマイナーなアダルトサイトの課金システムで使えないことがあって(DMMは可能)無駄にお金が減らなくなった。

 

③あまり振り込んでくれることもないが、Google AdsSony銀行は登録できないっぽい。Google Adsは振り込確認のためのデポジットを最初に少額振り込まれるが、全然振り込まれない。電話で確認したけどソニー側ではわからない感じだ。まあ結局みずほ銀行で処理することになったが、ソニー銀行一本化は色々と難しそうだ。あーGoogleだけで生活してえわ。

 

④これもめんどうだった。スカイスキャナーとかで検索して、出てきた安いサイトでチケットを購入しようと思ってもできなかったことがあった。多分中華系のサイトだと思うが、とにかくこれもあちゃーと思わせるところだ。

まとめ

かなりいい感じだがクレカの代わりに一本化とはいかない気がする。実際のところVISAやマスターを名乗っていてもデビットカードは使えないということが結構あるようだ。こういう不便さに気づいて、クレカの解約をせんかったら良かったと思ったがもはや遅い。ちなみにETCについては、個人事業主や法人などで作れるETCカードを作った。銀行もメガバンクがあったほうが信頼を必要とする時に重要だと思う。少なくとも日本では。