フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

お前はこの半年何をしていたんだ

毎度のことながら、今年も半分以上過ぎ夏が本番を迎えるが、暑い暑い夏もあっという間に過ぎ去ってしまうのだ。

 

幾度となく繰り返してきた問いかけをまたしてもしようじゃないか、お前は何をしていたんだ?どうだね2018年の収穫は?

 

耕し、種をまいて水をやり、さぞ素晴らしい花が咲く時期を待っているのだろう。

 

そうだね、だいたいいつもお前はそうだ。新年開けたら今年はあーするこーすると愚にも付かぬことを並べ立てるが、半年たてばそれが何の進展もないということに気づく。そうやってやる気をなくして残りの半年はダラダラと消化試合を続け、そしてまたしても年末年始を迎えるのだ。

 

愚か者よ。お前はいつもそうだ。そうやってどんどん年をとり、どうしようもないほど取り返しがつかなくなるまで同じことを繰り返すのだ。

 

それに気づいたお前はあがくようにロンドンに行こうとしている。そこならいつもよりも勉強に集中できるだろうと。ああそうかもしれん。だが結局そこで良い勉強をするには、事前に日本で勉強する必要があるということがわかっていたはずだ。

 

少しばかりはしたかもしれないが、最近はもっぱらAmazon Musicで懐メロばかりを聴いているし、家に帰れば意味のないネット巡回とスーパセルの名作ゲームをするばかりじゃないか。

 

いよいよ日本で働きながら勉強をするというのが辛くなった。スマホも金もなかった14歳の頃は図書室で借りた文学を読むことに集中できたのに。今となってはiPhoneが全てを邪魔する。家に忘れても大して不便でもなかろう。少し友達や家族と連絡が取りづらくなるだけだ。

 

2日前に出社の際、スマホを家の充電器に刺したまま忘れた。それで1日を過ごしてどうだったか。むしろ生産性は上がったのではないか。トイレにこもってクラクラをプレイしたりせずにすんだのではないか。デスクの上にあるiPhoneにおもむろに触ってしまわなかったじゃないか。電車中は音楽も聴けないからkindleで本を読むことができたじゃないか。

 

結論は出ているだろう。iPhoneはお前の全てをダメにしている。Google mapは便利だしLINEは緊急時の連絡先に使える。だがそれだけだ。今日見たニュースや議論に価値はあったのか。それは他のありとあらゆることの時間を犠牲にしてでも必要だっただろうか。

 

仕事が終わった時、なんだか疲れて本を読む気力もなく、家に帰ってベッドでゴロゴロしたくなるだろうが。奮い立たせなければ未来なんぞないんだぞ。

 

 

 

 

こんだけ暑けりゃ何もする気起きないぜ。