フロイドの狂気日記

いつ走り出すか誰も教えてくれなかった、お前はスタートの合図を聞き逃したんだ!

PR

イギリス行き目前での宿泊予約トラブル

いよいよ3日後には英国行きへのフライトなのだが、以前に1ヶ月分ほど予約していた(つもりだった)フラットの営業からメールが来ていた。

 

僕はとあるフラットを8月3日から借りることにして、見積もりをしてもらったのだが1週間前ほどは891ポンドだったそのフラットが、922ポンドに変更を加えたいという申し出だった。更に日付も8月4日からということを通達されたのだ。

 

値上がりはまだしも、日付の変更は容認ならない。そもそも3日の朝はやくに空港につくわけで、その日泊まる場所がないというのは非常に困る。そのメールは金曜日に来ていて、確認していたがしれっとスルーしていて先程確認して、これはちょっとまずいなと思い始めたところだ。

 

前回の語学留学と違ってエージェントに頼らなかったので、ぶっちゃけ航空チケット以外は何にも決まっていないのだ。ネットで探した不動産業者とやり取りして、まだお金は払っていないが、とりあえず場所と見積もりをもらって、ひとまず部屋だけとってくれと言ったつもりだったし、業者の営業も開始日と予算などの連絡があったので安心仕切っていたが、土壇場で条件変更してくるとは思わなかった。

 

何にせよ1ヶ月間の予定は大幅に狂う可能性が出てきた。そもそもIELTS対策学校に行くという予定だったが、どうもそれも怪しくなってきた。というのはAirbnbとかで予約するにしても2-3箇所ぐらいの予約が必要だろうし、その度に学校へ行くルートなんかが変わるとすごいストレス。あとエアビー系は机がなかったりして勉強に不向きな部屋が多い。

 

そんなこんなでどうせだったら観光に徹する感じでいいんじゃないかと思いだしたのだ。それにIELTSの勉強のやる気ができないなあと思うのは、実はイギリスの大学に入学するにはIELTSのテストは別に最低限でいいし、なんだったらIELTS受けなくても条件付き合格という手段があって、IELTSの点数自体は入学までにとってね的な合格もあるんだそうで、どちらかと言えば大事なのは推薦書と成績などであると聞いてから拍子抜けしてたりするのだ。

そんなこともあってイギリスへのモチベーションを高めるための旅行と割り切ってもいいような気がしてきた。もちろん向こうでも勉強はするのだが、肩の力を抜いて過ごしていいと思う。

 

スコットランドマンチェスターとかにも行って楽しんで来ようかしら。

ま、とにかく向こうに行ったら前回の留学みたいに一日一日をブログに綴ろうと思うのでよろしこだ。