フロイドの狂気日記

いつ走り出すか誰も教えてくれなかった、お前はスタートの合図を聞き逃したんだ!

PR

iPhone XS XRの抗いがたい魅力

僕がiPhoneを買ったのは6からだが、それ以降Appleの監獄に入ったままである。今はiPhone7を使っているが初めて2年使ったスマホとなった。それまでは一年ごとに買って、前回のものを売却していた。

 

iPhoneXは様子見でスルーした。なんせ全画面で売れなければAppleがホームボタンに戻る可能性だってある。だが今回の発表でついにホームボタン削除に舵を切った。僕のiPhone7は使えるかどうかで言えば使える。ホームボタンがカチカチしだしだとか、バッテリーが弱くなったとかあるかもしれないが使える。

 

だがもはやiPhone XSかXRのどちらかを買うだろう。発売日に買うつもりがないのでXRの方を買うかもしれない。最近では買いたくて買うという製品はなくなってきた。それよりも旅行だとか食事のような体験に消費が回してきた。

 

Macbookも2013年型が未だに使えるし、Kindle Oasisは買い換えないでも十分良い製品だ。服も着やすいものやユニクロでもなかなかいいしブランド物には興味があまりない。物欲よりも働かなくていい自由時間だとか、太らない体だとかのほうが欲しい。

 

まあとにかくそんな中で発表された新型iPhoneは財布の紐を緩ませるには十分だった。いや、僕もミーハーなだけでホームボタンが古い時代のものとなるFaceIDを試したいというように思うようになっただけかもしれない。最近では旅行写真保存用のiCloudに月130円払っているし、Airpodsを買ってからはこれ以外のイヤホンはいらないな、と思うようにもなった。

 

Androidを使っていた時はギークっぽいRoot権限取得だなんだとやっていたが、今となっては豊かな監獄なら自由なんていらねえと思ったり。Apple製品は明らかに人の考えを変えてしまった。

 

 Apple製品はブランド品だと言われるがそれ以上の価値がある。それはシームレスなユーザー体験のことだ。Macbookを使っていればiPhoneとの同期保存は2-3クリックでできる。iPhoneの保存している写真やムービーなんかはiCloudに転送できるし、iCloudの有料サービスはかなり安い。Airpodsを使っていればiPhoneでの音楽体験はもっと気楽なものになる。なんというかいちいち接続したりするのに対して操作数を削減できるし、OSとハードの間で不具合が少ないのだ。高くても一度買えばこれらの体験はずっと続く。Apple製品は壊れやすいという人もいるが、壊れやすいのはLightningケーブルぐらいで、僕のMacbookはもう5年つかっているし、iPhoneが2年持つことはすでに証明された。Apple製品が普及しすぎたおかげで、色々なところでサードパーティによる修理も可能だ。そちらのほうが安い。

 

そういう意味でApple製品で囲い込まれると金銭的なところ以外でストレスを感じることがなくなる。色々なメーカーの製品と組み合わせて使うことがストレスになる。かゆいところに手が届かないと思うことが増えるからだ。

 

iPhoneのデザインをガラッと変えてくると、今まで気にならなかったちょっとした傷や古くなったデザインさえ気になるようになる。

 

まいったね、また金を使ってしまう。