フロイドの狂気日記

いつ走り出すか誰も教えてくれなかった、お前はスタートの合図を聞き逃したんだ!

PR

アメリカのMetooは世界を良くするか

 

キャバノー判事の性暴力疑惑、FBIは「誰でも」聞き取り可能=トランプ氏 - BBCニュース


最近トランプ大統領最高裁判事に指名しようとしている、キャバノー高裁判事(53)が10代のころ、近所の女性をパーティーの時に服を脱がせようとしたということで訴えられた。被害を訴える女性はフォード教授(51)で、当時レイプされそうになったと主張している。キャバノー判事側は完全否定。両者ともテレビで顔出しでどうどうと批判の応酬をしている。


最高裁判事は終身職務で大統領のように任期がない。
指名されると裁判所は極めて保守派に有利になるということもあって、誰が見ても政治的なショーになっている。
被害者はキャバノーを任命するなといい、共和党側はほぼ決まりだという体で進めている。


性被害の訴えは1982年のことだ。
古い話だからオッケーというわけではない。

 

その当時言えなかったということもある。
セクハラ野郎が出世することが気に食わないと思ったからかもしれない。


だとしても馬鹿馬鹿しいほど政治ショーじゃないか。

10代のころの、酒の席で羽目を外すというのが30年以上たって犯罪だと問われる。今回は集団強姦だったりするわけでもない。わかりやすい悪党には思えないが。


どうやって証明するんだろうか。
30年以上も前のことを誰が正確に覚えているのか。
今までのMetooと違って強い立場で圧力をかけたわけでない。
年頃の地位も名誉もない若者の話でないか。
その場にいたという証言者がいて、その男がどういうかの注目が集まっている。
だが物的証拠もないのに、罪が確定されるならばディストピアでないか。


それでも最高裁判事の指名という二大政党の勢力争いの前には関係ないらしい。
Redditなんかを除くと、SNSのメッセージに気をつけろとか
出会い系サイトの広告は「後で警察に駆け込むぞ」という意味だ、とか書き込まれている。


使える手札だから使ってやれというなら深刻な強姦や地位の乱用についての訴えも、軽薄にみられるようになりかねないのではないか。

 


別の考えもできる。
気軽に性犯罪を訴えられるようになるなら、男性側は特にリスクを考えて相手を見極める必要性がある。となると案外、性犯罪は減少するのかもしれない。現実問題として手軽な性交渉は売春婦で済まして、そうでない関係性はじっくり交渉するように社会が変わっていくのかもしれない。異性に求めるジェンダーロールの完全な役割分担というものが始まるだろうか。


この判事や起業家、俳優やクリロナのような成功者ばかりが狙い撃ちにされているところを見ると、成功しない人たちからはお金を取れないから、低いレベルの社会階層ではあんまり変わらないということもありえそうだ。刑務所に入れるだけでは、裁判をするだけの時間と労力を取り戻せないだろう。そんなわけで貧困層における犯罪は、案外変化がないかもしれない。


少なくとも社会の高所得層は一層の慎重さと紳士的振る舞いが強要される時代に突入したことは確かだ。
特にアメリカでは10代にいたるまで過去に遡って追及をされるということになると、地位の高い立場につくための身辺調査も高度になっていくんだろう。SNSでのお行儀の良さやログを残さないリテラシーも必要だろう。


ちょっとしたSFのような世界にも思える。
21世紀は理想郷なのかテクノロジーが支配するディストピアか。


それぞれの立場によりそうだ。