フロイドの狂気日記

いつ走り出すか誰も教えてくれなかった、お前はスタートの合図を聞き逃したんだ!

PR

キズナアイを批判する人はNHKが採用したという事実を忘れるな

news.yahoo.co.jp

毎度のことながら思うんだけど、誰がイラストを採用するか、という視点が抜けている。

 

そもそも表現をする人は表現をしているだけに過ぎない。

イラストを描いている人はイラストを描いているのだ。営業まではしていないだろう。ラノベ、ポスター、NHKのサイトに至るまで依頼されたから描いたにすぎないのではないか。

 

表に出るまでに何重ものチェックが入るはずだ。今回のケースで言えば、おそらくNHKに営業したであろうキズナアイ側、あるいはNHKから依頼したであろう営業マン側がいるのだ。

 

キズナアイさん、いっちょノーベル賞の解説おなしゃす」

といったNHKの担当がいるはずなのだ。

 

採用する側と提供する側は責任においてイーブンである。キズナアイの採用をOK出した営業マンがいるのだ。だが叩かれているのはイラストそのものである。理不尽じゃないか。いい大人を雇う大企業、法務部があり、予算があり、専門家がいる天下のNHKなのだよ。

 

彼らこそが採用したのである。

 

キズナアイ側が仕事だから仕事をしただけ。世間的にアウトならそれを判断すべきなのはNHKじゃないか。表に出すべきじゃないと判断する最終責任はNHKにあるんじゃないか。

 

それを性的だなんだのと。

 

NHKだってだんまりを決めていないで声明を出すべきなんだよな。

願わくば

「我々はプライドを持って依頼しました。今回良い仕事をしたと自負しております」

と言って欲しい。

 

ちょっと批判を受けたからといって黙り込むならマスコミなんてしなければ良い。マーケティングなどの結果、採用したんだろう?手抜きをしたわけじゃないんだろう?どうしてその判断に自信を持って反論しないのか。

 

駅のポスターが性的だのなんだのと言われたのだって、最終チェックがあったはずだ。鉄道会社に。だがいつだって依頼されて描いた絵が叩かれる。絵を描くのは自由なんだよな。それを採用する連中に最後の裁量があるわけで。

 

くだらねえぜ。

 

大人がちゃんと自分たちの仕事にプライドを持たないなんて。

矜持がねえ。

 

自分はこの判断が正しいと思います、と言えない仕事に何の価値があるというのかね。

 

アニメイラストが嫌いな人なんてたくさんいることぐらい知っているだろうが。

 

それでも自分たちのターゲットはそれを見る人たちだと思ったなら、最後まで戦えよな。