フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

2018年秋の近況とか読者数400人突破とか

 

はてなブログ被ブクマ数増加ランキング〔2018年9月〕 - ythb

はてなブログ読者数増加ランキング〔2018年9月〕 - ythb

 

9月にちょっとしたバズがあって今までの月間アクセス数で最高値を叩き出した。

ついにはてブロ読者数でTOP1000にランクインした。

本格的にブログ記事をたくさん書き始めてからだいたい2年ぐらい経ったぐらいで全くもって嬉しい結果が出て、読者には感謝でございます。

 

その後も10月に入ってバズを2つほど発生して、そのおかげで読者数もさらに増え400人を突破。読者数ランキング的にも700位を切りそうになっている。

はてなブログ読者数ランキング

 

8月一杯はロンドンとスコットランドで過ごし、9月からは仕事に復帰して10月にいたる。

 

来年にイギリスの大学に行くための準備を少しずつ進めている。エージェントには金を払い、書類を作るのみとなっている。

 

15年も前に通っていた高校の先生に推薦状を書いてもらうために、大阪の教育委員会に連絡し先生に連絡をとってもらい、先生から連絡を待った。個人情報云々の問題で連絡先を直接教えてくれないのだ。

 

いつまでたっても連絡が来ないし、教育委員会の人は僕が何度も問い合わせるからイライラした態度になっていた。結局のところ、僕は先生の名前で検索し、退職や転勤を報告する文科省関連のサイトを見つけて、かつて僕の母校にいた国語の先生が今働いている高校を見つけた。15年ぶりの会話をした。先生は推薦文を書いてくれることで合意した。

 

担任の先生も他の何人かの先生も退職していて、退職している先生の居所は教えてくれないのだ。一番若そうで僕の授業を担当していた先生と連絡がとれた良かった。経歴書や志望動機書はちっとも捗っていないのだが。

 

英語の勉強も帰ってきてからはちっとも進まない。一方で日本の人気だったアニメは大量に見た。あーだめだ。

 

なろう小説を書き始めたりして、そして自分の将来を揺さぶっている。

ずっと続けていたエンジニアを続けるためコンピューターサイエンスを学ぶか、キャリアを変えるために他の学部に入るかだ。

 

僕は歴史や経済の本を読む方が好きだ。ところがそれでは飯を食えないし、海外で働く先もない。ソフトウェアエンジニアの給料が高いことはよく知っている。

だがブログ記事を大量に書くように、コードよりも文章を書く方が好きなのは明らかなんだ。だから僕は迷っている。学部選びに。

 

だがこのままならCS行きである。

「読者数が400人!もし小説家になれたりしたら、もうコードも書かないし、会社にもいかなくていいのでは!?」

みたいな。

 

もちろん5000人読者がいる人たちでさえ、サラリーマンだったり、愚にも付かぬ記事を乱発しなければやっていけない感じである。だからそれに夢を見るのはよくない。と思いつつ、英語の記事の翻訳とか歴史を題材にした小説とか書いて暮らせたらなあと思ってしまう。

 

とまあこんな風に宙ぶらりんな感じで大学へ行く準備をしている日々だ。