フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

iPhoneXSは語彙力がヤビャアになる優れもの

PR


っべー、iPhoneXSやべえわ。

 

まず機能評価だが、XSの電源をつけると持っているiPhoneと近づけるだけで自動転送が始まるというような表示が出てきた。そしてそれはマジだった。iPhone7を近づけるだけで、7の現在のアプリなどが全てXSに移ったのだ。これは画期的。Xの頃からあるのかもしれないが2年前にはなかった機能だ。僕がなぜアップルを買うかって、このユーザー体験を実現するからにほかならない。この機能が始動したとき「アビャビャビャ~神じゃあ、神通力じゃぞ~い」みたいなことになった。


あっという間にノンストレスでXSが使えるようになり、Macのバックアップさえ不要だったことは言いようのないユーザー体験である。さらにFace IDの登録が始まり、2度ほど頭をぐるぐる回すだけで登録できたのは素晴らしい。実際のFace IDは距離感がすごく大事なので、近づきすぎると認証されない。最初に登録した時の距離感に慣れる必要がある。だが、ちゃんと距離があっているときはロックがかかっていないかと思えるほどなので、あえてカメラを隠して試したぐらいだ。


使い心地であるが、有機EL事態はすごく良いとは思えないのが僕の感想だ。画面の美しさはフィルムの質の問題か「そんなにいいかな?」と思った。驚嘆するのは操作スピードである。M字ハゲと呼ばれるノッチ部分は気にならない。デフォルトキーボードも縦に長い画面になってさらに使いやすくなった。


iPhone7で十分だろ、と思っていたがブラウジングから、ゲームのロードにいたるまで体感できるほど早いのだ。マジで通信速度が速くなっているのか?と思ったほどだ。

 


2年使っていたiPhone7だからなのか、とにかく遅くなっていたようだ。このスピード感は体験しないとわからないだろう。全画面でホームのアプリ列が一段増えたのもよい。少し本体が重くなった気がするが許容範囲である。


17万も払うのはちょっと、と思う人もいるだろう。だが僕のようなスマホ中毒だと日々のストレスがかなり軽減されるというのは相当QOLに影響がある。知らず知らずのうちにiPhone7でストレスを感じていたことはXSを使うようになって気づいた。確かに振り返ればブラウザの切り替え遅いなあLINE MOBILEのせいかな、みたいに思っていたのだ。


XSを買ったことに後悔はない。むしろ妥協しなくてよかったかもしれない。
スマホ中毒には必携の機器だと思う。


さて、以下は評価とは無関係な購入経緯。

 

賢さと物欲と計画性とiPhoneXS - フロイドの狂気日記
昨日、iPhone買い替えるべきかどうかで迷ったって記事をだしたんだな。
で、iPhone7の修理か、XRかXSで迷っていた。
最初、その日のうちに持ち帰れるかどうかで決めようと思い、正規修理ができる場所を探した。だが大阪中のApple Storeと正規代理店がすべて予約で埋まっているという事態で、どこも当日修理ができそうになかった。工場修理だと3日以上携帯がなくなるので非常に困る。


そこで予算を下げるためにXRを買おうと決意した。
12万そこそこの金額で128G端末のアップルケア付きならば良いだろう。ここらがクレバーな妥協のしどころだ。そう思って意気揚々とApple Storeに行き実物を見てがっかりした。
極太のベゼル、iPhone7と比べても明らかな巨大さ、重さ。


これが12万もするのかと思うとうんざりした。
毎日画面を見るだけでストレスが溜まりそうだ。


ハロウィン本番でたくさんのコスプレイヤーとすれ違う心斎橋、ごった返すApple Storeで実機を触り比べる。一応iPhone7の修理ができるか聞いたところweb予約必須で待っても受け付けられないといわれた。もはや覚悟は決まった。iPhone XSを買うしかないと思ったのだ。


店員は「本当はもう受付終了しているけどこっそり手続きしますね」と言いXS シルバーの256Gを用意してくれた。実はここで64Gと迷った。僕の7は90Gバイト使用していたが、それはDMMのアプリに動画をダウンロードしているからで、それを消せば40Gしか使用していなかったのだ。2年で40Gしか使わないしiCloudも契約しているしで64Gでもいいかと思ったが、結局256Gを選んだ。Apple Careも入ったし最長でも4年ぐらいは使えるかもしれない。


ケースとフィルムもつけて17万2千円ほど。さすがに貧民が買えないと言われるだけある凄まじい金額だ。フィルムはストアの店員が貼ってくれた。専用の機械があってズレずに貼れるという優れものである。そのまま大事にカバンに入れて、家に帰った。
これから17万の機械と寝食を共にすると考えたら緊張するよ。絶対になくしてはならないものになった。


だがすでに冒頭に書いたXSの使い勝手の良さを思うと買って後悔しないものだなあと心底思うのである。