フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

読者数500人突破の感謝とブログについて

PR

ZOZO前澤氏を反面教師に、知識と教養の大事さを知る - フロイドの狂気日記

 

前回記事が結構アクセスを集めて、ブックマーク数は大したことないのに読者数がグッと伸びた。読者数500人超えというのは、はてブロ全体ランキングで500位台前半くらいに位置付けられるぐらいで、まあまあ多い方である。

 

インディーでこそこそやってて、音楽アンテナ敏感な人が知っているバンドみたいな位置づけみたいグの気がする当ブログだが、なんにせよありがたいことだ。はてブの不思議なところにブックマーク数が必ずしもアクセス数とイコールではなく、ブックマークが付けられていないがアクセス数豊富みたいなことが何回かあった。多分スマートニュースとかtwitterとかの拡散のためであろうかとは思う。

 

冒頭の記事の中立ぶった社会批評を読みたいと思って読者登録した方がいるとすれば申し訳ないが、このブログは雑記ブログであり至極どうでもいいことを結構書き散らしている。600以上も記事があるが、ほっとんどは何の意味もない。その上社会批評のタグがつけられた記事を見ても、態度がブレッブレである。

 

自分で見直しても「なんだ、こいつ。多重人格か?」というぐらいには思想も志向もぶれている。ただ日々の記録として書いているので方向性のブレは僕自身の変化と言えるから編集はしていない。

 

このブログは僕自身に正直であることだけは一貫させるようにしているので、誰かに対して媚を売ったり、アドセンス収益を増大させてやろうみたいなことはしない。そして互助会的な読者数獲得テクニックも使用していない。

 

例えばこまめにはてなブロガーをチェックしてスターを押して、ブックマークで応援コメントをつければ読者数が増えますよ、というセオリーは知っているが僕が登録しているはてブロは数個程度だし、スターをつけることはほぼない。だからこそ、登録してもらった500人は精鋭だなあ、価値があるなあ、などと悦に浸ることができるのだ。

 

このブログの方向性は行き当たりばったりだ。「こいつ、リベラルやな!」とか思って読者登録した人が、「やっぱちゃうかったわ」となって登録解除みたいなこともしょっちゅうなのだ。一日右派、一日左派みたいになることが多いし、文体までブレるので、そういう多重人格ぶりを楽しめる人には良いかと思われる。

 

ああ、狂気日記というタイトルをつけたのは良かったかもしれないね。

そうここは何でもないオジサンの一貫性のないクソログなのです。