フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

韓国レーザー照射問題は日本の愚かさに問題がある

www3.nhk.or.jp

この問題は日本の外交方針の杜撰さにある。

なぜこうも彼らは何でもかんでも日本の責任にするのか。その答えはシンプルだ。

「韓国にとっての日本は、日本にとっての米国ではない」

これに尽きる。

 

韓国は米軍にレーダー照射など間違ってもしないだろう。対北朝鮮有事の際は米軍が強力な後ろ盾になる。米韓同盟があるからだ。基本的に米軍なしでは対北朝鮮の有事では対抗できない。なにせ北朝鮮の後ろには中国がいる。中朝連合に韓国のみでは対抗できない。だから米軍には敬意を払う。

 

だが日本はどうだろうか。朝鮮半島有事の際はアメリカと連携して行動をとるかもしれないが、基本的に日本はオプションに過ぎない。主体性がないのだ。米軍は日本抜きでも韓国をフォローするだろうが、日本は米軍抜きだと何もしないかもしれない。日本はアメリカとセットでしか動けない。

 

それこそが今回の韓国の態度の本質なのだ。韓国は米韓同盟を必要としているが、日韓は同盟じゃあないのだ。韓国は米軍を「どうしても」必要だが、日本は「別に」必要ではない。(韓国から見て)韓国の海で日本の自衛官が監視行動をしているのさえ気に食わないということだろう。もちろん自衛隊は日本の国益に基づいた行動はしているだろうが、それはあくまで日本の都合にすぎない。韓国側が日本にとって不愉快な行動をとるのは、日本の国益行動が韓国の国益と連動していないからだ。

 

日本と韓国の軍事関係は非対称だ。ネトウヨなら韓国と日本の軍事力差に注目をするだろうし、その上で小国になめられたなどと思うかもしれない。だがそれは頭の良くない考え方だ。

 

韓国は日本にとって有益だ。それはなにか?

「対中国勢力の最前線にいる」

これだ。

日本にとって韓国が米軍側、西側にいることは、日本と感情的な問題があっても利益になる。日本が積極的にフォローしなくても、対北朝鮮の最前線、対中国の最前線にいるという超巨大国益になっているのだ。

 

だが逆に韓国からすれば、アメリカさえいれば日本はオプション。米軍の主体性のないバックアップに過ぎない。最前線にいるのは韓国であり、日本は盾にもならない。だからトラブルになっても問題ないと映る。

 

そもそも日本の国益は韓国外交にとって面倒でしかないと言ってもいい。日本は自国の利益のために米韓同盟、日韓同盟は重要だ、「西側の一員」であることは素晴らしいというだろう。だが韓国はアメリカにいい顔をして、中国にもいい顔をするということが利益なのだ。だから過度に「西側の一員」だなどとアピールする必要はない。その時々で天秤にかければ最大の利益享受者になれるし、小国の生き方としてはベストでありクレバーだ。韓国と日本の強固な関係を主張するのは日本のご都合主義に過ぎない。

 

韓国の命運をアメリカは担保しているが、日本は担保していない。だから日本側が理解不能な振舞いを正すとか、クレームをつけるというのは傲慢なのだ。それをしたければポジションを明確にすべきだ。日本は中国勢力の最前線に立つという覚悟をもてということだ。韓国については期待せず、むしろ中国や北朝鮮と同じ立場で対応すべきということでもある。

 

中国が宮古島あたりにくれば、警戒して対応するだろう。それと同じように韓国も扱えばいい。レーダー照射が問題になるのは、韓国はある種の味方としてみている日本の強欲さの問題だ。

 

確かに韓国が西側であり、日本と同じ立場としてみなすのは日本の国益にかなう。だが逆の立場に立てば、韓国側が日本と良好な関係を維持することに巨大な利益はないだろう。日本と距離を置いて、むしろ中国相手の交渉材料に日本を使う方がスマートだ。逆に日本との関係を維持してほしいならと、アメリカと交渉もできる。

 

今回の問題は「日本が韓国と良好な関係を期待している」からこそ理不尽に映る。それは幻想だ、韓国から自然に受けている利益を捨ててしまえば、彼らに対して圧力もかけられるというものだ。それは日本が軍事的にさらに負担と覚悟を持たねばならないことを意味するが。

 

それができないなら今回の問題は韓国の対応を飲み込むといい。プライドを除けば、日本が最前線でない方が大きな利益ではある。韓国に毅然とした態度を突き付けるというのは、日本が韓国に利益を供していない(と思われる程度である)という根本的な原因を解決しない。

 

日本はアメリカのオプションに甘んじているのだから(それ以上の判断力も予算もない)彼らに不愉快な態度をとられるのはやむを得ない。

 

それが嫌なら、対中最善の負担を受ける覚悟をもち、経済関係や軍事関係も見直すとよい。そうすれば、韓国側が日本と良好な関係を望みたいのかという判断を迫ることができる。いいとこどりをしたいという日本の脳死外交の帰結が今なのだ。日本の優柔不断さと主体性のなさこそが、相手に見くびられ泥仕合をしても問題ないという判断を招いているのだ。毅然とした態度をとったぞ、などと悦に入らずにその次のステップ、圧力などを使えるだけのポジションを取れと言いたい。所詮は負担も覚悟も回避し、米軍追従をしてきた脳死国家には相応しい塩対応だろう。韓国のレーダー照射は、日本のポンコツぶりが招いたのだ。

 

主体背のあるロシアも中国も、アメリカもそういった真似をさせないが、日本は彼らの常識だの良心だのを指摘するに留まる。この件のネットのリアクションも韓国の不明を問うものばかりだが、日本こそが問題なのだ。

 

いっぱしの国家を気取れるだけの指針を全く持っていない。外交と軍事はハードであり、ノータリンは舐められる。舐められるならまだマシだが、弱く賢くもなければ侵略される。韓国からのレーダー照射で済むならまだマシというものだ。それだけ日本は他者の良識頼みの外交を展開している。韓国は日本の足元を見ているし、ポジショニングがクレバーだ。日本に対してのみの塩対応なら、ハードな外交で問題にならない。日本人は声高に韓国を卑下するが、核心的な中国、米国に対して大きな失点をしていないようにも見える。彼らは常識を理解しているようだ。日本にだけ特別対応をしているのだ。

 

悔い改めるべきだ。

レーダー照射されても問題ないと思われる国家と政治を。