フロイドの狂気日記

時は流れ、曲も終わった。もっと何か言えたのに。

PR

週末雑感

売上が入ると早速予定してた支出をし始めた。去年夏から虫歯の治療を延々と続けていて5本あった銀歯のうち二つを白いジルコニアに変更を終えて、上の歯のうち1つを金歯にした。今月もう一つを金歯にする予定だ。

 

下の歯はすべて白いジルコニアにするのは目立たないからだ。上の歯はほとんど見えないから金歯にした。ゴールドにした理由は頑丈であり酷使しても摩耗せず歯にフィットしてくれるからだ。ゴールドの方が少しばかり高い。来月にはようやっと虫歯治療も終わる。

 

一か月の水道光熱費もまとめて支払い、家賃も支払い、保険などの引き落とし分も口座に入れていることを確認して、手元にいくら残るかを計算する。使っていい金がいくらあるかを計算する。そうして一か月の予算を決めると、なんというか不満が沸き上がる。平凡な30代にしては多少自由資金がある。独り身なのだからこそ自費診療の金歯やジルコニアで歯を作れるというものだ。

 

まあいいさ、と思いながら無駄に酒に消えてしまうより、後々使える有意義なものに使ってしまおうと思った。以前からwindowsのPCがあったらいいな、と思ってパソコンを見ていたのだが、Macがあるんだからbootcampすればいいだろうという結論を得た。最も買って損のないwindows PCとは何か、というトピックでMacこそが至高のwin PCなのだそうだ。そこでヨドバシでwindowsのみを買ってきてbootcampでインストールしてみたのだが、まあ最高オブ最高だ。retinaディスプレイのおかげで綺麗な画面で作業できるし、PCを新調せずとも2万程度でwin開発環境を手に入れられた。

 

大学入学に向けていろいろ身辺整理のようなことを始めたのだが、3年ほど使っているkindle oasisの延長保証が6月まであった。バッテリー交換にも応じてくれるのでこの際だから使ってしまおうと思った。確か6000円程度の延長保証だったと思うが、やってきたkindle oasisは最新バージョンの新品だった。期せずして最先端のkindleをゲットしたおかげで少々気分が良い。

 

手元には最新のiPhonekindleMacがあってNetflixも見れるし、飢えも寒さとも無縁。だがこの湧き出るむなしさのような、感情はなんだろうか。物質的豊かさで言えばアラサーとしては良いほうじゃないか。中流。まさしく良い生活。でもちょっと憂鬱。美味しんぼでいうところの「トンカツをいつでも食べられる生活」すでに実現した。この贅沢な憂鬱感は第三者が見れば心底イラつくだろうさ。

 

金と物質が増えれば増えるほど幸せになるのであれば救いがないが、平凡な生活の中で幸せを見つける努力次第で心が洗われることもあるから、人間の人生は素晴らしいものなんだろうな。

 

そして僕もあなたも金以上の何かを見つけないといけないのさ。

 

Kindle Oasis、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi、32GB

Kindle Oasis、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi、32GB